★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1879-331)日記はどこですか?

      育児(1879-331)日記はどこですか?
                20090710(金)  曇ー晴

 二日前からママの育児日記(のノート)は行方不明になりました。探してもすぐ出て来こなかったため、携帯にあらすじを入れておきました。携帯の使い方もろくにわかってないので、いつもパパからのメールに返信をして、内容に日記のあらすじをかき、最後に返信ボタンを押さないで保存しておきます。ときには、ボタンを間違えて押してしまい、パパに送ってしまいます。パパはそのメールを見て、感心したり喜んだりしています。というわけで日記を携帯に入れるとき、絶対にパパ以外の人に「返信」をしません。間違えて送ってしまうかもしれません。
 
 今日は出来事が多く、書かないと忘れてしまうかもしれません。書いている間ジャジャとトトにぐっすり寝てほしいもの。
 
 朝、ジャジャと一緒に学校に行きました。他のママ二人と協力し、ジャジャとクラスのお友達に絵本を読み聞かせました。
 中国語を何年間教えていたので、自信満々でしたが、本場でやっぱり緊張してしまいました。初めて30人以上の子供たちの前で日本語絵本を読んだのです。しかも、子供たちは誰でもジャジャのママより日本語が上手です!
 でも、可愛い子供達は、みんなとてもとても静かに聴いてくれました。
 読み聞かせが終わったら、一人のお母さんに意見を聞いてみると、
 「声がもうすこし大きくてもいい。」と、親切に教えてくれました。
 それが気になって、午後学校から帰ってきたジャジャに聞いてみました。
 「大丈夫、ちゃんと聞こえたよ。」と、優しく慰めてくれました。
 ジャジャはもう何回もこの絵本を聞いていたので聞こえなくても分かっています。でも他の子は違います。今度読むとき声をもうすこし大きくします。今日はとても優しいお話の絵本だったけど、今度は声がでっかくても大丈夫そうな絵本を選ぶつもりです。

 朝学校から帰ってきてパパの健康保険証を探しましたが、どこにもなかった。前回歯医者さんから帰ってきた時ちゃんとママに渡してくれた???疑問を持ってますがすぐには見つからなかったので、パパが保険証のないまま歯医者さんに行きました。結果はまだ分かりません。お金が足りるかも心配です。でもパパは出たきりで報告のメールもくれなかった。

 昼前、トトに食べさせ、昼ねをさせたら母に電話しました。昨日トトの一歳誕生祝いが届いたのです。しかも、母が生まれて初めて手紙を書いてくれました。母にとっても私にとっても歴史的な出来事です。でも、昨日長時間出かけてとても疲れたので日記を書いてなかった。探してもなかった。
 母は三人の息子を持っていますが、やっぱり娘と話をしやすいようです。でも、お嫁さんの部屋で電話に出てたので、言いたいことがたくさんあっても遠慮していたと思います。何年前、母に「電話線を引いてもらいましょうか?」と聞いたとき、母はこう返事してくれました、
 「同じ屋根の下に住んでるのに、二台の電話を設置したら、周りに笑われるじゃないの?」と。
 というのは、二台の電話を設置したら、この大家族は「内乱」が起きていると思われる可能性があるって言う意味です。
 地元の風習では、嫁に行った娘は、実家のことに口一切出せない身分です。私は何もいえなくなりました。電話をかけるたびに、まずは母じゃない人とたくさんの挨拶をして、気を十分使ってから母を呼んでもらうしかありません。しかも、その部屋に住んでいる弟のお嫁さんは、幼い頃母親がなくなりましたので、電話に出てもらっても、すぐに「お母さんを呼んで」とは、とてもいえないのです。
 そんな思いで今日もいろいろ考えました。

 それからトトは昼寝から起きて、ジャジャも学校から帰りました。読み聞かせのことで慰めてもらったので気分が晴れました。三人でおやつを食べて、三階で子供番組を見せながらママが洗濯物を畳みました。リラックスできる金曜日の夕方はとても好きです。宿題やお風呂の時間、寝る時間など、うるさく言わなくてもいいからです。実は、ほっといても子供たちは10前必ず寝てくれます。でも、週末じゃない場合その一時間でも遅くなったら朝は大変です。なので平日の夕方や朝は気が緩めません。

 テレビを見る時、トトはいつもテレビのボタンを押したがります。音をとても大きくしたり小さくしたり、チャンネルを頻繁に変えたりしています。ジャジャは不機嫌な顔をしてまた戻したりします。そんな兄弟喧嘩の場面を見ても見ないふりをするのは、ママの得意技です。

 ジャジャがまだテレビを見ていた時、ママはトトを抱っこして二階に降りました。ジャジャは続けて一つの番組を見終わったら、降りてきてママにこういいました、
 「ママ、今日の晩ご飯は、私が作る!」と。
 聞いてみたら、先ほどテレビで見たサラダを作りたいというのです。さっそく八百屋に出かけました。
 ジャジャは胡瓜、トマト、レタスなど買いました。晩ご飯は確かにでっかいお皿を使ってサラダを作ってくれました。でも、左手はギブスをしていたのでほとんどママが作業しました。ジャジャは頑張って野菜をきれいに並べました。
 八百屋に行くたびに、帰り道ではトトは必ず抱っこしてもらいたいのです。でも、今お姉ちゃんはギブスをしているので、ベビーカーは任せられません。それでママは今日ベビーカーの押し方を変えました。
 ベビーカーの前の車輪を高く上げ、後ろの車輪だけ使って押してみたら、トトはベッドで寝てる姿勢になりました。しかも両足が高くなったので気持ちいいかもしれません。とにかく今日トトは「新しいベビーカー」を満喫して、泣いてはなかった。

 トトといえば、今日大きな出来事がありました。午前、ママが一階で片付けた時、ちょっとだけトトを床に置きました。ほんの一瞬間でしたが、振りかえってみたら、自分の目を信じられなかった!トトは階段を6段まで登りました!!!生まれて初めての階段挑戦でした。トトにとっては面白いことだったが、ママはちっとも面白く思わなかった!!!
 もし途中落ちてしまいましたらどうなる???と思ったら、ママの頭が変になりそうでした。

 今のトトは、渡されるお皿をひっくり返さなくなりました。お皿の役がちゃんと分かっているようです。ご飯の茶碗もひっくり返したりはしないですが、左手の指を茶碗に入れるのはトトの得意です。ずっと前から自分でスプーンを使ってご飯を食べたがっていますが、まだ一度もちゃんとお口まで運んでません。
 トトは、コップでお茶を飲む練習を続けています。ママがスプーンでお茶をコップに一口入れて、それからトトはそのコップを持って飲みます。飲んだらすぐママの顔をじっと見つめます。ママの笑顔と拍手を待ってるからです。褒められたら最高の笑顔を見せてくれます。

 八百屋から帰った途中、ママはジャジャにこういいました、
 「トトが生まれる前、ママはいつも寝る前絵本を読んでた。しばらくできなくなったけど、今日から二人に読み聞かせたい・・・・・・」
 ジャジャは喜んでいました。けれども、寝る前に、ジャジャは自分で作ったくじを持ってきて、ママに引いてもらいました。あたったらママが読む、外れたらジャジャがよむという決まりでした。なんともいえないはずれだった。
 ジャジャが絵本を読んでくれたうちに、夢中になって完全に絵本の世界に入ってしまい、絵を見せるのも忘れました。ママはまだ聞いていましたが、トトはおねえちゃんの邪魔に行きました。それでもジャジャはずっと声を出して最後まで読みました。頼りになる我が娘です。トトはいつからちゃんと座って絵本を聞いてくれますか?これだけはかなり期待しています。

 今、現時点、ジャジャとトトはきっと気持ちよくねているでしょう。ママはまた日記を探し続けます。見つけたら育児日記に住所と電話番号を書いておきます。
[PR]
by chinamama377 | 2009-07-10 21:59 | 育児日記