★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1869-402)トトのこと

           育児(1869-402)トトのこと

                2009年9月19日(土)  曇

  お姉ちゃんがおばあちゃんのうちに泊まりに行きましたので、家の中はとても静かです。
  今までトトのことをゆっくり考え、まとめて書く時間がなかなかできなかった。

  一歳検診で、トトは身長80センチで、体重は12キロに達したことが分かりました。95センチの服はぴったりです。サンダルは裸足で14センチがぴったりで、運動靴は15センチのを用意しました。
  一日三食と二回のミルクです。ミルクはもうそろそろ卒業していいですが、一歳半まで飲ませたい気持ちもあります。
  二台のシングルベッドをくっつけて、お姉ちゃんの隣で寝ています。隣と言っても、二人とも寝相が悪いので、ママはいつも長い抱き枕を二人の間に置いておきます。どちらもお煎餅にならないように。
  二三歩は歩けますが、それ以上は無理です。ママと片手を繋いでいたら上手に歩けます。上手と言っても、親ばかの話し方です。実はとても可愛い歩き方をしています。柔軟な踊りをしながらという感じです。
  ベビーカーよりパパの腕が好きみたい。パパの肩を超えて見えた世界は、もっと広いからですね。

  困るトトといえば、いろいろあります。
  まずは、シャッターのスイッチ(?)の蓋を毎日つけたり取ったりしないとだめです。トトはもうベッドに登れます。ベッドからそのスイッチが届くので、シャッターを開けたり閉めたりするのが大好きなトトです。シャッターの寿命を考えるより、うるさい音で近所迷惑になるのも心配です。しかも、一階のシャッターなので、壊されたらこまります。
 そういうわけで、ママは毎日スイッチの蓋を取ったりつけたりしています。ボタンじゃなくてよかったなと、毎日思っています。

  CDを取り出したり入れたりするのが大好きです。今朝もCDを取り出して自分のコップをラジカセの蓋の裏側に置きました。寝室に使っているラジカセは立て型です。蓋を開けたらコップはちょうど載せられるぐらいの大きさです。トトはその蓋をお皿だと間違えているかもしれません。
  蓋を開けるだけならいいですが、そのCDを玩具にしていろんな方法で確かめて遊んでいます。お姉ちゃんの時CD10枚ぐらい駄目になりました。トトはこの前一枚目を駄目にしました。何枚目になったらやめてくれますか?

  パソコンのマウスが大好きです。トトの前では、ママはパソコンを見たり、電話したりするのは無理です。携帯はもちろんトトの前では遠慮してみないようにします。

  パパの道具や手帳が大好きです。パパの鞄の中身を取り出し、一々チェックするのも大好きです。
  家中の引き出しに興味があり、中身を出してその引き出しの中に座ったりするのがすきです。
  押入れのドアが大好きです。開けたり閉めたりして時間をかけて研究しています。
  窓を自分で開けるようにできました。決していいことではありません。
  
  落書きが大好きです。油性ペンを手に入れたらもう思い切り書きます。普段なかなか手に入れられないものなので、一旦手に入れたらもう誰にも渡さない気持ちで必死で握ります。そのチャンスは本当に万が一にあたりますが、壁や床、玄関までもう命中されました。

  細長い道具が大好きです。これも普段なかなか手に入れられないものです。テーブルでも床でもパズルマットでも、どこでも思い切りたたいたり掘ったりします。かびや床に穴があけるまでやめない根気があります。それでもまだまだ力も余っていると思います。

  テーブルには毎日乗っています。特にママが台所でご飯を作っているとき、テーブルのほうを覗いてみたら、トトの背中はテーブルの端と垂直線になっていました。いつものことです。もし後ろ向きに転んだら頭が割れるに違いないと、いつも思っていました。幸い今まで落ちたことがまだありません。トトの頭が割れるまえ、ママの頭が割れそう・・・・・・

  ご飯を食べる時、スプーンかお箸を持ちたがっています。でも、スプーンで上手に食べられないため、ご飯を掘って撒きます。自分の気持ちを言葉で話せないので、イライラしてしまうトトでもあります。早く上手に使ってほしいです。
  食事のあとママはすぐテーブルの下を掃除しないとだめです。椅子から卸されたトトは床に落ちたご飯粒やパンくずなどを拾って食べるからです。
  毎日の掃除でママのズボンは膝に穴があけました。ジーンズなのに。大きくなったらママにいいズボンをプレゼントしてね。ジャジャはパパにCDをプレゼントしてもよいでしょう。

  お掃除はなんとか頑張れますが、噛まれることは我慢できません。今歯が8本生えてきましたが、またまたまた生えてきます。ママの腕や肩が何回も突然噛まれました。痛かった。歯茎が痒くてたまらないでしょうね。でも、なんでパパを噛まないの?

  ママがちょっと横になったら、いつも絵本や玩具を投げられたり、お腹の上はトトの重たいお尻が急に落ちてきたりします。まだ言うことが分からないトトは、ママにとっては危険人物です。とにかく、トトが起きている間は、ママは絶対にその近くで横になってはいけません。すこしの間でも。

  お姉ちゃんがピアノを練習するとき、トトはいつも邪魔に行きます。鍵盤をたたいたり、お姉ちゃんの足元で遊んだりします。ママはそれを見て困っていますが、お姉ちゃんは全然気にしないで続けます。
  お姉ちゃんの勉強にも、もちろん邪魔に行きます。とにかく、お姉ちゃんの持っているもの、ランドセル、鞄、玩具、鉛筆、クレヨン・・・・・・何でも触りたがり、何でも手に持っていじったりしたいのです。

  トトのいいところはもちろん書ききれないです。
  まずは毎日笑顔を見せてくれます。その笑顔のおかげで家中はぴかぴかきらきらいいきもちです。
  毎日朝起きたらおねえちゃんのほうへ転がっていって甘えにいきます。今はもうおねえちゃんの髪の毛をひっぱらなくなりました。その代わりになでなでしてあげます。
  午後お姉ちゃんが帰ってきたら頭をお姉ちゃん腕に載せて喜びを示します。

  お花を摘むこともしなくなりました。指でさして口の中は「あ00--^^」という話しを聞かせてくれます。自分のじょうろでおはなに水を掛けたい気持ちがあるようですが、まだ無理なようです。

  木馬は一人で乗ったり降りたりできます。木馬の「背中」に両足を乗せ、体を動かしながらママの心配そうな顔を見るのも大好きなようです。

  お風呂の中で、浮き輪を使って上手に歩いたり泳いだりしています。トトの体にとってはお風呂は小さいプールです。ステップに登ってお風呂のスイッチをいじったりするのは、ママの大変困ることですが、そこから落ちたとき、浮き輪のお陰で無事だったトトを見て、ママはまたほっとしました。来年はもう海が怖くないでしょうと思っています。

  本棚から、絵本以外の本はもう卸さなくなりました。絵本は、いつも一回に何冊も卸しますが、全部は卸しません。それだけでも助かります。
  絵本を本棚に戻すことがまで出来ませんが、玩具を玩具箱に入れることはすこし出来ています。

  今朝公園につれて行きました。トトはベビーカーを押したがっていました。帰り道パパにだっこしてもらったけど、降りたいおりたい!と、言わんばかりのお顔。ベビーカーを押したかった。お姉ちゃんも歩き出したあと長い間ベビーカーを押して遊んでいました。でも、今度トトのベビーカーはAB型兼用なので大きいものです。今の段階は、抱っこされてなければベビーカーの取っ手には届かないのです。

  今日、公園で初めて滑り台で遊びました。三回も五体つかないまま滑ってきましたが、にっこりしていました。怖いもの知らずのトトです。

  自分のお鼻とお耳は指差できます。名前を呼ばれたら手をあげますが、「はい」という返事はまだです。お口の中はいつも何かをしゃべっていますが、分かる言葉ではありません。
  一人になって、ママの姿が見えなくなったら、大声でママを呼びます。「お~い」ではないですが、そんな感じです。せっかく呼んでくれたから「ママ」って呼んでほしい。でも、泣いているとき以外は「ママ」が発音できないみたいです。

  もっとも褒めるべきところは、毎日お姉ちゃんのそばでぐっすりねてくれることです。夜の9時前から朝の6:30まで。夜泣きは一回もしたことがありません。一歳一ヶ月の今まで、熱も出したことがありません。
  ご飯は何でも食べます。好きじゃない果物は、眉を顰めながらでも食べます。パパの譲りかなといつも思っています。
  お姉ちゃんと同じ、食物アレルギーは知らないものです。助かります。

  もっともすきな言葉は、「上手だね!」というのです。一歳前から褒めてもらうと大喜びです。
[PR]
by chinamama377 | 2009-09-19 12:57 | 育児日記