★育児日記★


by CHINAMAMA377

ジャジャとトト

      今日のこと
           2010年3月15日(月)  晴ー雨

 日記の番号は最近つけてません。というのは、トトが生まれて何日たったのも忘れたのです。とにかくどんどん大きくなり、ますますかわいいトトになっています。

 ジャジャはいつも元気なおねえちゃんです。たまにはトトに不親切なことをしてしまうと、ママにこう忠告されますーー
 「やっぱりトトをどこかのおうちにあげようか。こんないたずらなトトはとても困る。」
 そうしたら、ジャジャはすぐ手上げです。
 「だ~め!まだあかちゃんだから、いたずらしてもしょうがないよ。」
 
 今日、初めてジャジャとトトを置いて、学校に申込書を出しにいきました。誰も気づいてないのですが、ママにとっては、人生の中で大変な出来事です。
 出た時、ジャジャとトトは子供椅子に座って、テレビを見始めたのです。普段のその様子から見たら、30分以内は大丈夫そうです。
 今日、ママは普通のスピードで歩き、帰りにお弁当やによって生の野菜をすこし買いました。お弁当やのおばあさんはにこにこして話してくれたので、ママもすこし返事をしました。慌てて帰ることはなかった。
 ジャジャのお陰で、ママは30分の間落ち着いて出かけられたのです。
 戻ってきたら、二人ともいつものように、テレビ番組にあわせて体を動かしていました。トトは、今日上手に体を回転しました。

 それから晩ご飯です。今日何年ぶりに茶碗蒸しを作ったけど、ちょっと失敗しました。でも、味がよくて、ジャジャもトトも自分の分を全部食べてくれました。
 父の茶碗蒸しが懐かしい。卵だけでも美味しい茶碗蒸しが作れます。今度帰省のとき父から秘訣を教えてもらいたいと思っています。

 たまごっちを見せたとき、ママは百人一首の19番から21番までB4サイズの紙に写しました。壁に貼ってジャジャに詠ってもらうためです。
 「ママ、なんで百人ですか?千人一首はないですか?」と、ジャジャは面白い質問をしました。
 「昔の人が選んだ昔々のとてもよい歌ですよ。その時まだ百しかないかもしれませんね。」
 「じゃ、恐竜も百人一首を読んだことがあるの?」
 ママもジャジャもこの冗談に大笑いしてしまいました。
 ジャジャの体に、ママの血も流れてます。そのユーモアは、中国のお爺さんから継いだのかなと思っています。

 面白いことに、19番から21番は、全部哀愁的な詩です。説明によれば、女が男に対する愛情や恨みを表す三首です。中の比喩や描写などは、ジャジャには理解できないと思います。でも、パスするわけにはいけませんので、歌のつもりで歌ってもらいましょう。

 この前、一緒にテレビを見た時、ハーモニカがありました。それを聞き終わった後、ママはこういいました、
 「パパのほうが上手かも。」
 「そうね。」と、ジャジャも賛成してくれました。
 「あの曲の最後、間違えたじゃない?」
 「最後は、あの人の考えがあるの、間違えじゃない。」
 ジャジャの返事に嬉しく思いました。 

 トトは、体操教室に入りました。週に二回です。まだ言葉も出来ませんし、先生の話もかんぜんに理解できないけれど、ちゃんと体を動かして遊んでくれてます。そのうち、年上の友達のまねして、いろいろ上手にできるようになると、確信しています。
 ジャジャを中心に生活していますので、トトのことをずっとほっていていました。サークルはいいですが、日程は決まってないし、休みがちです。決まった曜日に通うならトトには生活習慣が身につけると思います。
 午前中体操がある場合、朝30分多く寝かせます。午後の場合、朝30分早く起こし、昼寝を12時前からさせます。そうすれば教室でいつも元気に遊べます。食事時間や昼寝時間が原因で教室を休むお友達がいます。もったいないなと思っています。
 お金を払ったと言っても、先生がみんなのためにちゃんとそこに来てますので、子供も先生の存在を大事に考え、きちんと出席するべきだと思います。1歳2歳の子供にはまだそこまで考えてませんけど、ママはその気持ちを持って行動で子供に伝えるべきだとおもいます。
 学校でも、他の教室でも、生徒の存在は先生より大げさに思われがちです。それは大きな間違いだと思います。

 トトは相変わらずいたずらばかりの毎日を過ごしています。今好きな遊びは、電話をかけることと、テレビのすぐそばに座ることです。最近ボールをたたいたり蹴ったりすることも大好きです。
 電話機を高く置いたけど、トトは椅子をその下に運び、椅子に登って電話を手にいれます。ボタンが多いから、この遊びがとても気に入ってます。まだ国際電話をかけてしまうことがありません。
 テレビを左右に動かすのが大好きです。こんな大きなものを自分の手で簡単に動かせるなんて、面白くて自慢できるほどでしょうね。それから、テレビ台のそばにある低い家具の上に座るのが大好きなようです。テレビを同じ高さなので、まるでテレビから出てきたばかりの可愛い人形にみえます。もし目が悪くなる恐れがなければ、毎日そこに座らせたいぐらいです。でも、テレビを消したら、トトはその宝座にすぐ興味を失ってしまいます。
 ボール遊びのとき、二つのボールを与えたら、トトは空気はいっぱい入っているのを選びます。うまく弾むかどうかすぐ分かるようです。絵本を見るときでも、中のボールを指差して教えてくれます。

 何より嬉しいことは、トトはもうそんなにこぼさないで食べてくれることです。ママはいつもジャジャと並べて食べています。トトはテーブル向こうの席に座り、ママとおねえちゃんを見ながら食べています。一歳7ヶ月のトトは、茶碗を左手に載せ、右手でお箸を持って一生懸命食べてくれます。ママに食べさせてもらうのが大嫌いです。
 魚やお肉以外、ほうれん草、ブロッコリ、胡瓜、トマトなども大好きです。こういう意味では、立派な赤ちゃんです。
 パパがいるとき、トトのそばに座ってくれますので、トトはにこにこしてパパを見たりします。普段、テーブルの向こうに一人で座っているトトは、きっと目の前のやかましい女たちにうんざりでしょう。トトの目線を見れば分かります。「黙れ!」と言わんばかりの顔です。
 
[PR]
by chinamama377 | 2010-03-16 06:04 | 育児日記