★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1016)リス園へ

       育児(1016)リス園へ
            20070519(土) 雨ー晴

  今日ジャジャはお爺さんおばあさんと一緒にリス園に行ってきました。帰ってきた後ジャジャはイメージのお絵描きをお爺さんへのプレゼントしました。お爺さんは電車駅から直接帰ったので、お絵描きはおばあさんに渡しました。  e0110319_17382868.jpg

  この絵は、尻尾から後ろ足に、それかれ前足、頭の順番で描きました。なんでその順番で描いたのでしょうね。ふわふわの尻尾は一番印象に残っているのでしょうか?
  尻尾を描いたとき、まずは赤いクレヨンでぺろぺろキャンディの形を描き、それから茶色クレヨンで塗りました。今までママが見たことのない描き方でした。幼稚園で習ったのでしょうか。
  出来上がった後でも、ジャジャはぬいぐるみのリスさんを見て、絵の中のリスさんがお目目が一つ足りないのに気が付きました。ママは笑いを堪えてジャジャに自分の横顔を見せました、
  「ジャジャがママの右から見たら、ママのお目目一つしか見えないでしょう?」と。
  ジャジャは、初めて生き物の横顔を描いたのでしょうか。ママにとっては、とても面白くて大事な発見です。親が知らないうちに、子供がいろんなきっかけで毎日成長しているかもしれません。
  リスさんのお目目が茶色クレヨンに覆われたとき、ジャジャはもういちど黒いクレヨンを使って塗り替えました。前は、描いておいた部分が覆われたらジャジャは慌てたことがあります。
  ぬいぐるみのリスさんは絵のような茶色ではないのですが、ジャジャは本物のリスさんをイメージしたようです。
  お婆さんはリスさんに引っかかれ、大事なズボンがすこし壊れました。ジャジャはスカートに和式のサンダル(日本語の名前は分かりません)で行きましたけど無事でした。
  リスさんのぬいぐるみも買ってもらいました。お絵描きのときリスさんをほとんど見てなかったけど、描く前にリスさんを洗濯物籠にいれ、紙でえさを作って与えました。その間じっとリスさんを見ていたので、お絵描きも上手にできたかなと思っています。
  お婆さんが帰ろうとした時、ママはまだパソコンを見ていました。ジャジャはお婆さんを玄関さきまで送り、
  「今日ありがとうございます。また遊ぼうね。」と、丁寧に言いました。
  しかし、この前まで、おばあさんがうちから帰る時、ママはいつもジャジャを無理やり引っ張って玄関まで見送りに行きました。
  今日のジャジャは違う人に見えました。朝、自分で服を着たし、おトイレも一人で行きました。
  おばあさんは大満足なようでジャジャの絵を持って帰りました。
[PR]
by chinamama377 | 2007-05-19 17:38 | 育児日記