★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1018)子育て講座

       育児(1018)子育て講座
            20070521(月) 晴
e0110319_15251661.jpg


  土曜日の19日、「今時の子供」という講座に行ってきました。
  有賀忍先生は専門用語を使い、絵本の種類を紹介してくれました。「継起性」絵本を話したとき「手袋」という絵本を挙げられました。「連続性」絵本の例として「これはなに?」という絵本を挙げられました。「これはなに?」という絵本をはじめてみたとき、ジャジャのママは作者のすばらしさにびっくりし、感動していました。BOOKOFFで買ってきた絵本だけど、三年間ずっと重宝していて、ずっとジャジャと一緒に楽しんできました。今日先生のお話を聞いて、良かったなと思いました。
  先生は今の幼児雑誌の表紙に対して批判的です。写真のような前世紀50年代の幼児雑誌表紙は「いいとは言っていません」と控えて言いながら、今のキャラクターだらけの幼児雑誌表紙について、「いけません」という意見をはっきり発表しました。
  ジャジャのママは先生の意見に百パーセント賛成です。もし今の幼児雑誌編集者方はいいアイディアがなければ、昔風に戻っていいとまで思っています。でも、有賀先生のお話によりますと、今の幼児雑誌はみんなそういう風にやっているので、金銭利益を優先に考えられているため、どの編集部も独自の風格を生み出す勇気がないようです。
  50年前の幼児雑誌の紹介はとても面白くて楽しかった内容でした。
  今日、先生がもっとも強調したのは、母親の読み聞かせ時間の大切さだと思っています。母親の肉声が子供の成人するまで影響していくと先生が言っていますが、ジャジャのママから見れば、専業主婦でも一日子供と付き合って夜になると足が棒になるほど疲れ、子供に毎日絵本を読み聞かせることは容易にはできないことです。
  でも、ジャジャのママは疲れても頑張ってみたいと思っています。ママ自身は、絵本を通じて習うことがいっぱいあるのです。
  教育現場に立っている先生の話しを直接聞いて、いろいろ悟ることが多く、大変勉強になりました。講座に参加してよかったなと思っています。
  今日寝る前に、ジャジャに読み聞かせたのは「ライオンと蚊」という物語です。実は昨日も同じのを読みました。今日、最初ママはタイトルをざわと「蚊とライオン」を読みましたが、ジャジャに訂正されました。昨日ママが疲れたので適当に読みましたが、今日は詳しく説明したのでジャジャは物語の進みと敵対関係がほとんど分かりました。
  最後のページに、蚊が蜘蛛の巣にぶつかり、そして蜘蛛に食べられました。ジャジャは蜘蛛の巣に興味しんしんで、今日も幼稚園の帰り道で蜘蛛の巣を見つけ、大声で叫びました。絵本の中のものを見つけたらジャジャはいつも嬉しくてたまりません。
  来週の講座も楽しみにしています。
[PR]
by chinamama377 | 2007-05-21 15:25 | 育児日記