★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1033)ママへお手紙

          育児(1033)ママへお手紙
               20070605(火) 晴


 e0110319_2081069.jpg

  昨夜、ママが手紙を書いていたとき、ジャジャも紙と封筒を一枚ずつもらって手紙を書こうとしました。
  文字も文面もそんなに上手ではなかったですが、ママはとても感心しました。というのは、ジャジャは初めてママが書いた手紙に気がついたようで、一行ずつ、小さい文字で頑張っていたのです。今までジャジャが書いた文字はそらまめよりも大きかった。A4サイズの白い紙に一句しか入れなかったり、二三句書いたとしても文字が大きかったり小さかったりして見た目は大変面白かった。
  「ジャジャ、一行あけてもいいですよ。」と、ママが言ったら、ジャジャは、
  「だめですよ、ママと同じ手紙を書きたいの。」と。
  小さい文字を書き疲れ、ジャジャはこう言いました、
  「ママ、英語で書いてもいい?」
  「だめですよ、ママは英語が読めないので、日本語で書いてください。」
  というわけで、ジャジャは日本語で四行目まで頑張り、それから寝てしまいました。最後の一行は今朝書いたのですーー
  「1番までに頑張っていました。」と。
  「ば」を書いたとき、ジャジャは間違えて「ま」を書いてしまいました。慌てたジャジャはすぐママを呼び、
  「ママ、間違えちゃった!どうしよう?」と。
  「ボールペンだから消しゴムは使えないね。使わない文字はかっこでこうやってかっこましょう。じゃ、続けて書いてもいいですよ。」
  ママは「ま」の左右にかっこを加え、ボールペンを返しました。
  一番というのは、朝一番早く起きたということです。最近ジャジャは先生のお話を覚え、夜8時からねんねして、朝いつもパパママより早く起きています。今朝ママが目がさめたら、ジャジャはもう一人で寝転がりながら楽しそうに歌っていました。
  目が覚めてもママを起こさなかったですね。ジャジャ、ありがとう!
  ママがおきたら、ジャジャはすぐ挨拶をして、トイレに行きました。それからまだ7時前なのでジャジャは手紙を続けようとしました。最後の一行はママ以外の人では読んでも分からないでしょうね。
  ジャジャが書いた手紙はジャジャしか読めないですが、今までのと比べたら、大きな進歩が見えます。
  ジャジャ、ママはジャジャの分かりやすいお手紙を楽しみにしています。
  
[PR]
by chinamama377 | 2007-06-05 20:08 | 育児日記