★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(974)鼻 歌

   育児(974)鼻 歌
    20070408(日) 晴

 明日新しい学期が始まりますが、今日も新しいことが多かった。
 まずは、お友達とレストランで食事をしたら、ジャジャが前よりすこしおとなしく食べられた気がしました。食事の後またいたずらしたりして遊んでいましたが、食事中はすこし落ち着いていました。
 それから、今日ジャジャが一人で自転車にのってママの後ろについて買い物ができました。
 と言っても、実は偶然の出来事でした。ママは昨日公民館の前に自転車を忘れてしまい、今日取りに行きました。でも、ジャジャも自転車で行ったので、帰りに別々に乗るしかなかったことです。
 のぼり坂が来たとき、ママは降りて自転車を押しました。ジャジャの面子を守るためでした。ジャジャには、のぼり坂がまだ無理なようで、一緒に自転車を押すなら納得してくれるかなと思いました。
 でも、ジャジャは冬の間殆ど自転車に乗らなかったため、押し方さえ忘れました。自転車と対面して、前からかごを引っ張って自分がバックしながら自転車を動かしたのです。ママは笑いを我慢してジャジャを励ましました。近所のおばさんに会ったら、
 「押したほうが早いかもね」と、笑われました。
 二人になると、ジャジャは、
 「ママ、汗かいちゃった!」と。
 ご褒美としてジャジャにいくらを買いました。量は一回分でそんなに多くなかったけど、値段は400円近くでした。幸いにパパママはいくらに興味がないのです。
 ジャジャはいくらご飯を全部食べてくれました。大きなおにぎり二つ分でした。ママはびっくりしました。
 歯磨きの時、ママは聞きました、
 「なんでこんなに上手に食べたの?」と。
 ジャジャのお返事はもっと上手でした、
 「お母さんが大好きだから。」と。
 八時半になると、絵本時間が始まりました。今日の読み聞かせは四歳の絵本にある「お月様のボタン」と「パンダのお医者さん」でした。
 パンダのお医者さんに見てもらった子はみなみちゃんでした。みなみちゃんは新しい幼稚園に行く前、ストレスで咳が出て、ベッドから起きられなくなったようです。そこで、パンダ先生が聴診器でみなみちゃんの心の声を聞き出しました、 
 「新しいお友達ができるか心配だな。」
 「寒いのは苦手。」
 「先生はどんな人なんだろう。」という三つの声でした。
 パンダ先生の特製薬を飲んだみなみちゃんは、こんこん咳の変わりに、るんるんと鼻歌を歌ったそうです。
 ここまで読んだら、ママはジャジャに聞きました、
 「ジャジャ、鼻歌ってなに?」と。
 ジャジャからのお返事はなかった。
 ママは鼻歌声で「チューリップ」を歌いました。
 ジャジャも歌いたかったけど、お鼻の中から「うんうんうん」という声しか出てこなかった。
 でも、ママは待ってあげたら、今度ジャジャはママと同じように鼻歌ができました。
 鼻歌のデビューでした。
 9時過ぎた時、ジャジャはママにこういいました、
 「ママ、早く寝ないと、お化けのおばあちゃんは下のお目目で探してるよ、下の二つのお目目がピカピカしてるよ。」と。
 ママにそう警告しながら、ジャジャは先に寝てしまいました。
 お休みなさい。  
[PR]
by chinamama377 | 2007-04-08 23:17 | 育児日記