★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(964)子供の国へ

         育児(964)子供の国へ   
               20070329(木) 晴

 今日はよい天気でした。
 友達に連れて行ってもらって、子供の国に行って来ました。大人5人、子供8人の陣で、賑やかでした。
 桜以外の木々はまださびしく眠っているようでしたが、とっても小さい芽が、春の空を覗くように枝のあちらこちらからでています。低い植物はもう緑いっぱい身につけ、春の日差しを浴びながら微風に乗って楽しく踊っています。小山の日当たりのよい一面に、タンポポの花が古い落ち葉に囲まれ、静かに咲いていました。ああ本当に春が来たと思いました。
 トンネルくぐって牧場方面行くと、動物園に入る前に小さい池が待っていました。白やカラーの家鴨ちゃんや白くない鵞鳥たちが泳いでいました。池の畔に、写真のような看板が観客の微笑みを誘いました。

e0110319_12202656.jpg

 ポニーに乗っていた子供たち桜の下を通った時、いつもとはちょっと違う可愛さを感じさせられました。カメラに近づいてくると、男の子も女の子も騎手の気分でかっこよく微笑んでいました。
 動物園に入る前にみんな山腰にシートを敷いてお弁当を食べました。上にすこし上がると竹の林があり、中には四五歳の子供にはちょうどいい細道が交差して伸びています。お弁当が終わったとたん子供達はもう竹林に飛び込み、細道を走り回りました。
 動物園にはさまざまな住民がいますが、子供たちはウサギや(?)に集中して遊んでいました。なぜかというと、ウサギちゃんを抱っこすることができるからです。ジャジャは白いウサギちゃんを抱っこしたら、離れるまでお友達にゆずりたくなかった。ジャジャの嬉しい顔を見てママも説得するのをあきらめ、写真をたくさん撮りました。
 山羊さん達の庭に入り、女の子はただ山羊さんの背中をなでなでして遊びましたが、男の子は山羊さんのうんちを拾い、知らないお兄さんと戦いごっとしていました。
 ウサギちゃんや山羊さんと遊んだ後、子供たちはすぐ近くの水道水でお手手を洗いました。動物園の中に「手を洗ってね」という看板が何箇所もあります。経営者の思いやりが感じられます。
 ジャジャが山羊さんの庭から出て、お手手を洗いに行った時、並んでいたおじさんの前に入りました。その時お友達のママもお友達もみんな、
 「ジャジャちゃん、並んでね。」と、親切に教えてくれました。ママも近くに立っていましたが、もし口出したら娘がかえって反抗的になり、聞いてくれないのではないかと思い、黙っていました。でも、ママじゃない人に言われたらジャジャはおじさんの後ろに回り、番を待ちました。
 ご親切をありがとうございました。嬉しかった。
 牧場のアイスクリームはもちろん見逃せなかった。ジャジャは白いアイスクリームを食べ始めた後、ピンクのかき氷があったのに気がつき、食べたくてしょうがないようでした。隣に座っていたお姉さんがジャジャの話を聞いたら、メロン味のかき氷をわけてくれました。
 男の子の一人は、アイスクリームを食べた時、スプーンにアイスクリームを載せ、後ろにいるお母さんに持っていきました。「お母さんに優しいね」と、ジャジャのママが言ったら、その子は照れくさくなりました。
 帰る前に出口に近い小さい遊園地によりました。ヘリコプターに乗ったり、ジェットコストに乗ったりして、子供達と一緒に、ママたちも楽しく遊びました。もしジャジャがいなかったらママはいつまでもこれらのたのしいことは知らないし、子供の遊び場に寄ろうともしないでしょうと、ママはジェットコストから降りた時ふと思いました。
 行き道でも、帰り道でも、男の子達は道端の小山を上ったり、危ないところに近づいたりしていました。お母さん達のびっくりした声を聞いたら、ますますやる気が出たようでした。男の子のわんぱくな姿を見て、ジャジャのママは弟三人のことを思い出しました。ママの小さいころは弟達のいたずらで心配したり困ったりして、ずいぶん泣かせられました。
 行き帰りともトンネルをくぐりました。とくに帰った時、子供たちはトンネルの中で思い切り叫びました。ジャジャのママも叫びたかったですが、他のママたちが黙っていたのを見て遠慮しました。なんでトンネルをくぐるとき叫びたくなるのと思いました。
 正門に着いたときもう午後の四時半で、閉園時間になりました。立派な滑り台や石造型の子供遊び場や、おたまじゃくしが取れる池など、まだ行ってないと思いました。
 とっても楽しい一日でした。季節毎に行ってみたいなと思っています。今度またジャジャとママを誘ってくださいね。 
[PR]
by chinamama377 | 2007-03-29 23:18 | 育児日記