★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1035)転んじゃった

         育児(1035)転んじゃった
               20070607(木) 晴

  日本に来たばかりのとき、ジャジャのお婆さんから古い自転車を譲ってもらい、四年間ぐらい使っていました。古い自転車は見た目がまあまあでしたが、とても使いやすく、盗まれる心配もなかったので、ずいぶん心地よく使っていました。
  それからジャジャが生まれて、新しい自転車を買いました。ジャジャが二歳半頃でした。
  新しい自転車を取りに行った時、ママはジャジャを後ろに乗せ、家まで押して帰りました。子どもを乗せることがはじめてなのでママが乗る勇気がなかった。
  それからまた一年の間、四五回ジャジャを自転車に乗せて出かけました。初めて出かけたのは遠い駅のジャスコ行きでした。友達と一緒に自転車を押しながらエレベーターから出た時、ジャジャの席が引っ掛かられ、一番高いところのゴムが破れました。
  友達はびっくりしながらこういいました、
  「あ!新しい自転車なのに!」と。
  でも、ジャジャのママが笑いました、
  「自転車はどうでもいいよ、ジャジャが無事だったらね。」と、すこしも惜しまなかった。
  それからジャジャが幼稚園に入り、ママもときどきお友達のおうちに遊びに行くことになりました。毎回皆さんの後ろについていて、どきどきしながら自転車に乗っていました。幸いに今まで無事でした。
  今日は、久しぶりにジャジャを自転車の後ろに乗せました。春休み以来、ママはずっとジャジャと別々に自転車に乗って出かけていました。でも、今日幼稚園にお迎えに行った時、先生は、
  「のどが赤くなってる」と。
  今日は園の内科検診でした。ジャジャは鼻水が出ているので、病院の先生はきっと詳しく見てくれたでしょうね。
  ジャジャの咳がほとんど止まったのでもう大丈夫だと思いました。今日先生の話を聞いてびっくりしてしまい、家に帰って保険証などを鞄にいれ、ジャジャをリトミックに連れて行きました。リトミック終わったら病院に行くと思いました。
  リトミックが4時頃終わり、それからジャジャの食べ物をちょっと買ってから病院に向かいました。
  病院に着く前に、ジャジャは心配でママにいろいろ聞きました、
  「ママ、先生にのどを見せなくてもいい?薬だけもらってもいい?」と、いろいろ。
  ママはジャジャの質問に返事しながら自転車をこぎました。左に曲がったらすぐ病院だと思ったら、前の車輪が曲がったとたん、車一台が出てきました。
  びっくりしてしまい、ママは降りようとしましたが、自転車の重さに負けてしまい、ジャジャと一緒に転んでしまいました。
  ゆっくり倒れたのでジャジャはたいした怪我をしてなかったとは分かりますが、左は花壇だったので、動ける空間がなくて、ママは自転車と花壇の間に挟まれ、さらに自転車の下で動けなくなりました。
  まだ自転車のうしろに座っていたジャジャを見ようとしても、振り返ることができなかった。ジャジャはどんな姿だか分からなかった。
  車の人はきっと冷房をつけていたでしょうか、ずっと窓の中から私を眺めていて、外に出てくれなかった。私は自転車を動かそうとしたけど、自転車はびくともしなかった。ジャジャは後ろで泣き始めました。
  時間が経つのが遅かった。車の人がやっと降りてくれました、
  「大丈夫ですか?」と、自転車を運んでくれました。前籠においてあった買い物はあちらこちらに落ちていました。
  ひざが痛かった。見てみたら、ズボンが破れ、ひざの部分に血が点在しました。ジャジャは泣き続け、病院に行かないと言っていました。
  ズボンを巻いてジャジャに擦り傷だらけのひざを見せても泣き止んでくれなかった。この子が冷たいなと思い、ママは怒鳴り始めました。
  中国語と日本語と両方使い、ジャジャに酷い言葉をいっぱいかけました。誰かに見られるかも考えなったし、ジャジャのことはちっとも可愛くないと思いました。
  それでも病院は目と鼻の先なので、ママは一人で自転車を押しながら行きました。ジャジャはまだ転んだところで泣いていました。
  病院のドアがしまっていて、中に光がなく、人気もなく、とても静かでした。
  今日は木曜日で、病院は休みでした。
  病院が休みだと聞いてジャジャは歓声をあげました。親子で自転車を押して帰りました。
[PR]
by chinamama377 | 2007-06-07 18:37 | 育児日記