★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1044)歯医者さんへ

         育児(1044)歯医者さんへ
               20070616(土) 晴

  午後、予約した通りに、ジャジャと一緒に歯医者さんに行ってきました。でも、ジャジャは「歯医者さん」という呼び方がいやなので、ママは「○○先生に会いに行きましょう」と言うふうに言っておきました。
  ジャジャは久しぶりに先生に会うため、家でお絵描きを書いて先生に渡しました。そして、先生と看護婦さんの前で自ら診察用の椅子に登り、そして横になり、お口を大きく開いて先生に見せました。
  ママは先生に幼稚園での出来事を言ったので、先生はジャジャの様子を見たらこういいました、
  「ちゃんとできたじゃないですか。」と。
  めでたいことに、過去の一年間、ジャジャは新しい虫歯一本もできなかったそうです。
  優しいことに、何も問題がなかったであっても、先生はジャジャのママに、
  「虫歯はありませんが、何か心配することがありますか?」と。
  それを聞いて、ジャジャのママは液体歯磨き粉について先生に聞きました。ジャジャの歯が黒くなったらママはよく液体歯磨き粉で磨いてあげます、そうしたら歯が白くなります。なんで白くなったのかずっと疑問に思っていたので、今日先生に聞いてみました。
  予想通りに、液体歯磨き粉はやっぱり一年中使わないようにしたほうがいいと、先生が教えてくれました。
  ジャジャが椅子から降りたら絆創膏で包んでいた親指を先生に見せました、
  「先生、胡瓜を切ったとき怪我しました。」と。
  昨日の夕方、晩御飯のお手伝いでジャジャは胡瓜をスライスしてくれました。最後の部分に来たときジャジャは親指を一緒にスライスしてしまい、本のすこし怪我をしてしまいました。でも、ジャジャは誰にでもそれそ見せたがっています。
  先生はジャジャの指を見てこういいました、
  「偉いね、お母さんのお手伝いしたのね。」と。
  診察が終わった後、ジャジャは先生に深いお辞儀をし、お礼もちゃんと言ってから出ました。お外でジャジャはママにこういいました、
  「ママ、○○先生はジャジャののどを触らなかった。ジャジャはやっぱり○○先生が大好き!」と。
  風邪で内科の先生にのどを見せなくてはいけなかったため、ジャジャはつらい思いをしてしまい、幼稚園に来た歯医者さんのことを怖く思いました。ジャジャの勘違いでしたが、ママは娘の気持ちがよく分かります、
  「ジャジャは幼稚園の歯医者さんに見せなくてもいいよ、○○先生に見せれば大丈夫。」と、ママはジャジャを慰めました。
  良かった良かった。

  晩御飯は焼き餃子でした。ジャジャとママと一緒に作ったのです。今日ジャジャは焼き餃子五個を食べてくれました。頑張ってお箸を使いたかったですが、餃子はすぐ滑ってしまたので、ジャジャは結局手で食べました。
  ママと仲良くしていたため、ジャジャは今日ママのふるさとの子守歌を聞いてくれました。泥臭い子守歌を聴きながらジャジャは気持ちよく眠ってしまいました。
  おやすみなさい。
[PR]
by chinamama377 | 2007-06-16 23:20 | 育児日記