★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1053)七夕の願い

         育児(1053)七夕の願い
               20070625(火) 晴

 正門の入り口のところ、竹の枝が一本バケツに挿されました。葉っぱはもうずいぶん縮んでいますが、枝はいつものようにまっすぐ立っていて、たくさんの願い事を支えています。たくさんの学生さんは、願い事を紙に書いて竹の枝に結んだのです。
 日本人は七夕を過ごす習慣があります。でも、日本では、七夕は陽暦の7月7日であって、中国の従来の陰暦七夕から変わってきたのです。
 しかし、陽暦の7月7日は、梅雨の季節で、天川(あまかわ)がほとんど見えない時期です。ジャジャにはこんな話しをいつするかまだ分かりませんが、将来、きっといろいろ聞かれるときが来ると思います。
 今朝、もう幼稚園に行く時間になっていましたが、ジャジャは突然紙とボールペンを出して、
 「お願いを書きます。」と、パパママに宣言しました。
 見てみると、ジャジャは白い紙を細長く切ってから字を書き始めました。
 「ジャジャ、誰に手紙を書いてるの?」
 「違う!木の枝にかけるよ。守衛のおじさんのところの枝にかけたいの。」と、ジャジャはようやく目的を説明してくれました。
 なるほどと思いました。ジャジャは毎日そこを通るとき、鮮やかなカードを羨ましく見ています。ある日、守衛のおじさんたちは、
 「願い事を書いてここに飾ってもいいよ。」と、親切に言ってくれました。
 ジャジャはそれをずっと覚えているでしょうね。
 でも、普通の紙はすぐだめになるので、ママは厚めのピンク紙を出してカードを作りました。ジャジャはピンク紙に願い事を描きました、
 「はやくごさいになりますように。」と。
 クラスの中に、幾人の友達がもう五歳になりました。ジャジャはほんとうにはやく五歳になりたいと思います。最近ママに褒められたらジャジャはいつもの返事をしなくなり、新しい言葉を使っています、
 「ジャジャ、なんでこんなに上手になったの?ママが大好きだから?」
 「違う!ジャジャはもうすぐ五歳になるからね。」
 ジャジャ、そんなに急がなくてもいいですよ。 
[PR]
by chinamama377 | 2007-06-25 23:06 | 育児日記