★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1160)会 話

            育児(1160)会 話 
                   20071002(火) 曇

1、
 「ジャジャ、リトミックの○○先生に赤ちゃんが生まれるから、お正月すぎたらもうリトミックには行かないね。」
 「あかちゃんが生まれるの?」
 「生まれるよ。○○先生のお腹に、今赤ちゃんがねんねしてるよ。大きくなったらお外に出たいでしょう。」
 「どこから出るの?」
 「?!・・・・・・」
 「ママ、赤ちゃんは、どこから出てくるの?」
 「あ、あ、どこかな?今度先生に聞いてみてね・・・・・・でも、おへそだと思いますよ。おへそから出てからまたおへそが自分で閉じてしまいます・・・・・・」
 「うん・・・・・・」

2、
 「ママ、汽車ぽっぽのこと知ってる?」
 「なに?」
 「お目目があるのは汽車ぽっぽで、お目目がないのは電車ですよね。」
 「ほんとう?」
 「中国は、電車しかないね、日本は、電車も汽車ぽっぽもあるよね。」
 「そうですね。でも、中国の電車をちゃんと見たの?」
 「見たよ、お目目がついてないんだ。」

3、
 「ママ、ママはシンデレラみたいね。」
 「え?ママはシンデレラじゃないよ。ママは普通のママですよ。」
 「だって、ママはとても可愛いんだもん!」
 「ほんとう?そんなに可愛いの?」
 「ほら、見て!ママがドレスを着てるでしょう!」
 「あら、こんな可愛い人はママなの?びっくりしました!この人は誰?」
 「パパ!パパママの結婚式を描いたの!」
 「ジャジャ、ありがとう!ジャジャはいつ結婚したいの?」
 「小学生になってから。」
 「小学生のとき結婚したいの?」
 「うん。」
 「小学生の時、きれいなドレスを着てもいいけど、結婚は、18歳にならないとできないよ。毎日ご飯を作らないとだめですし、毎日赤ちゃんに手紙を書かないとだめでしょう。ママみたいに。」
 「そうか!」
 「だから、まずはきれいな字を書いて、長いお手紙が書けてから結婚のことを考えましょう。」
 「はい!はい!」

4、
 「ママ、今度も夏休みまた中国に行くね。」
 「え~?また行きたいの?」
 「誰に会いたいの?」
 「鶏さん、あひるさん、豚さん、犬さん、牛さん・・・・・・中国のじいじばあばにも会いたい・・・・・・」
 「いいよ、でも中国のじいじばあばに手紙を書かないとだめですよ、行ってもいいですかって聞いてからね。」
 「でも、中国のじいじばあばは、日本語が分からないでしょう?」
 「中国語なら分かってくれると思うよ。」
 「じゃ、中国の漢字を書く!」
 「一つ二つでもいいよ。じいじとばあばはね、ジャジャのお気持ちがすぐ分かってくれるでしょう。」
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-02 21:10 | 育児日記