★育児日記★


by CHINAMAMA377

25  学級閉鎖

25  学級閉鎖

 昼前、よ幼稚園の連絡網が回ってきましたーー学級閉鎖の知らせでした。しかも、ジャジャのクラスだけでした。
 7人の子もインフルエンザかかったそうです。実は、子どもたちだけではなく、子どものお母さんや兄弟もインフルエンザかかっているのも事実です。それを入れて考えないと、正確な情報にはならないと思います。

 ジャジャのママは「学級閉鎖」という言葉には初耳ですし、今までママはインフルエンザの患者に会ったこともありません。
 さらに言えば、ママは日本に来るまで、インフルエンザ、喘息、中耳炎、溶連菌という病気を聞いたこともありません。視やが狭かったといはいえ、ママの生活していた田舎は、空気がよく、畑が広く、ばい菌があっても風に飛ばされそうです。そして、貧乏なおうちの生まれなので、肉類やたまご、農作物や野菜など、全部中国のお婆さんが作ってくれたものです。お正月や祝日以外、市場から何かを買って食べることはほとんどなかった。
 そういうわけで、ママとママの兄弟は、いろんな病気をかからないで済みました。いまでも、ママの知らない病気がたくさんあります。
 中国のおばあさんのおかげで、ママはどれだけ贅沢な生活をしていたか今になってやっと分かりました。貧乏と豊か、この二つの単語の意味をもう一度考え直すことしなければと思っています。

 子どもたちがかかった病気の名前を覚えるたびに、都市でも生活がいやになり、小さい頃の環境がとても懐かしく思います。
 できれば、ジャジャとパパと日本のどこかの田舎に生活したいと思ってしまいます。ママは田舎が大好きです。野菜作りも上手なので、ジャジャとパパに自分の作った野菜を食べさせたいのです。

 ジャジャはまだまだ元気です。こんなに元気でいてくれて、感謝しています。ママは今日ジャジャを連れて、デパートで肉まんとソフトクリームを買ってあげました。さらに、帰る前に葡萄と美味しいみかんも買ってしまいました。
 ジャジャへのご褒美です。元気でいてくれてありがとう。少なくとも、最初から倒れてないから助かりました。今インフルエンザになっても、他のママにいろいろ聞いてその経験を見習うことができ、すこしでも心強くなります。
 月曜日まで四日間あります。かかった子はみんな元気になり、かかってない子はもうかからないと思ってもいいでしょう。
 月曜日、子どもたちの元気な姿を見たいと思っています。
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-24 13:18 | 幼稚園体験記