★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1196)両手をポケットに

             育児(1196)両手をポケットに
                   20071107(水) 晴

  月曜日と火曜日とも代休で休んでいました。元気に登園できるはずなのに、朝、ジャジャは布団の中で体を小さく巻き、なかなか起きてくれなかった。
  「休みたいなら、幼稚園に行って、先生に休み届けを出してから休んでね。」と、ママが言いました。
  すると、ジャジャはこう返事しました、
  「ママは家から電話すれば?」と。
  今までジャジャが幼稚園に行きたくないとき、ママはいつもクラスの前まで連れて行きました。そこでジャジャに聞いたら、いつも「幼稚園で遊びたい」という返事でした。今日のことは初めてでした。
  五歳になったジャジャは、悪知恵も一層成長してきたかなと思っています。
 
  布団のことだけではありません。
  お弁当を作ったとき、ジャジャはママに命令しました、
  「二重箱は遅いから、早いお弁当箱にして。」と、食べるのが遅いことをお弁当箱のせいにしました。

  まだまだです。
  登園中、ちょうどお友達と合流しました。ママはお友達親子と一緒に歩いていたら、ジャジャはママたちの後ろでぶらぶら歩き、しかも、両手をズボンのポケットに入れていました。
  そんな歩き方も初めて見ました!
  誰のまねだと思うと、やっぱり「男の子育て」の親父でした!あの親父は、こういうふうに歩いていました!三人の子の父親なのに、歩き方は若すぎる・・・・・・  

  さらに、夕方、ジャジャはベランダから近所に住んでいる男の子に向かってこう叫んでいました、
  「私は○○君のことが大好き!知ってる?」と。
  人のことが大好きと言っても、相手は男の子だから、そんな大声で叫ぶものではありません。でも、普段はママからいつも言われていることをしっかり覚えている証拠にもなると思います。
  ママはいつもジャジャとこう話しています、
  「パパとママはジャジャのことが大好き。知ってる?」
  「知ってる。」
  「だから、ジャジャが困るとき、何でもパパママに話してね。幼稚園でも、お外でも、困ることがあったら、必ずパパママに話してね。」
  「はい。」
  こんな会話だったはずなのに、ジャジャはただ冒頭の部分をお友達に使ったのです。しかも、大声で。
  
  参りました。
  
[PR]
by chinamama377 | 2007-11-07 16:13 | 育児日記