★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1238)お話会

             育児(1238)お話会
                   20071219(水) 晴  

 今日は最後のお弁当を作りました。
 学期の最後のお弁当なので、果物を入れてもいいということで、いちごを入れました。
 
 午後、図書館のお話し会に行ってきました。
 四話を聞かせてもらいましたが、全部は覚えていません。一番面白かったのは、「初めての天神」というので、一番面白くない話は、外国の民話「腹ペコ猫」でした。 

 ママの小さい頃、家の周り図書館もなかったし、絵本もほとんど買ってもらえなかった。学校に行った後、低学年の教科書でいろんなお話しを習いました。記憶に残ったお話は、「狼と羊」の話でした。
 狼は上流に立っていたのに、川の水を飲んでいた羊のことを、「俺の水を汚した」という口実で、羊に襲い掛かってきたという話です。
 幼い子供には、これはわけの分からない恐ろしい話でした。

 「腹ペコ猫」と言う話は、巨大なネコさんは、お腹が空いていたという単純な原因で、人間や牛などの動物を次々と丸ごと呑み込み、ビスケットのように簡単に食べました。
 ジャジャのママはつわりのせいか、そんな話を聞いていたうちに、気分が悪くなりました。

 残酷な話はどの国にでも代々伝わっています。強力のものが弱いものをいじめたり、殺したりする話です。
 大人はそれを面白そうに読み聞かせているうちに、子供の意識から「正義」や「公平」、「優しさ」や「恥」などの単語がすこしずつ消えていきます。  

 図書館でこんな話を聞いてしまい、とても残念でした。
 
 
[PR]
by chinamama377 | 2007-12-19 21:21 | 育児日記