★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1239)リトミック

             育児(1239)リトミック
                   20071220(木) 晴

 今日は、リトミックの最後の授業でした。
 ジャジャが二歳二ヶ月からリトミックに通い始め、幼稚園に入った後半年ぐらい休みましたが、その後また続けました。
 二年半ぐらい続けました。
 先生から頂いた最後の伝言は、ジャジャのことを、「すばらしいリズム感の持ち主です。」というのです。
 
 でも、ママがここで言いたいのは、他にもたくさんあります。
 ジャジャがリトミックに入った初めての日、ママはまだはっきり覚えてます。
 一月の下旬のある日でした。もうすぐ2月になるので、その日、先生はママや子供たちと「豆まき」という歌を歌いました。
 ジャジャのママはその祝日やその歌の意味はすこしも知らなかった。

 リトミックの先生のおかげで、ジャジャもママも幼稚園が始まる前に、日本の伝統行事や季節の歌、楽しい童謡、面白い工作や工作用の道具など、しっかり分かるようになりました。
 それがなければ、ジャジャは幼稚園でどれほどつらい思いをするか考えられません。想像するだけでも、ママはぞっとします。ママは何も分からなくてもいいですが、わが子につらい思いをさせるのは、避けたいのです。

 中国のママたちに、リトミックをお勧めです。同じリトミックでなくても、子供に歌や踊り、工作などを教えてくれるところなら、必ず入園する前に行かせてください。
 子供には、何より自信が一番大切だと思います。いろんなことをマスターできなくても、ママの全然知らない日本の子供世界を「知る」ことはまず大事だと思います。
 その自信を、入園する前につけてあげてください。
 
 
[PR]
by chinamama377 | 2007-12-20 22:38 | 育児日記