★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1311)うちのパパ

                  育児(1311)うちのパパ
                        20080301(土) 晴

 うちのパパは、いつも落ち着いていて、怒らない人です。ハーモニカを吹く時以外、パパはとても静かな人です。
 なんでそんなに静かにいられるのと、ママはいつも不思議に思っています。
 でも、最近ママは家で安静していますので、いろいろ考え、いい結論を出したのです。それは、パパは一人でいる時間が十分あるからだと思います。
 家族と一緒にいる時間は、数えきれるほどすくないのです。朝の食事時間と夜の寝る前の本のすこし時間で、喧嘩するチャンスも与えてくれないパパですが、ママはいつも隙間を見つけ、喧嘩を売っています。
 でも、夜はジャジャが寝ているので、大声で喧嘩はできません。朝は朝食の時間なので、ママは中国語で喧嘩していても、ジャジャはママの顔色からすぐわかり、同じ中国語でママをしかりますーー
 「やめろう!」と。
 ジャジャの使っている中国語は、日本語に訳したら「やめて」と言ってもいいですが、ジャジャ自身はいつもこう解釈しています、
 「私はいまヤメロウって言ってるよ!」と。
 ジャジャはいつもパパのことを「ハンサムで、かっこうよくて、私の王子様」と言っています。クラスに好きな男の子がいるとしても、誰もパパには及ばないそうです。
 たまには、ママはいじわるして、
 「ジャジャ、最近パパはちょっとかっこうわるくなったね」と、わざと言い聞かせます。でも、五歳のジャジャは賢い、
 「違う、パパは最近痩せたので、格好いいよ」と。
 ジャジャはいつもパパの仲間です。娘として、最高の娘と言っても過言ではないでしょう。

 でも、ジャジャにはパパのだめなところはすこしも分かっていません。
 ママはつわりが始まったとたん、パパも風邪を引きました。その風邪の症状は、とても酷いそうでした。
 「話せない、のどがいたい、頭も痛い、眩暈する、肩も腰も痛い・・・・・・」と、パパは老人のように訴えました。
 ママはそれがストレスだと言っても、パパは聞いてくれません。いい病院に行かない気が済まないパパは、病院に行ってレントゲンまで取ってもらいましたが、先生の結論はママと同じ、
 「ストレスから来た症状です」と!
 
 ママはつわりが始まって、料理が作れなくなった上、毎日家で変なことを言い出しました、
 「なんでタバコのにおいしてるの?」
 「トイレのドア閉めてない?臭い!家中臭い!」
 「家中油のにおいしてる!」
 それだけではなく、すこしでも騒音があったら、ママは怒鳴ってしまいます。まったく理不尽な者になってしまいました。
 なにより、パパは料理一つもできないので、ママはそれを理由に、毎日パパを酷くしかりました。青梗菜の炒めさえもできないパパは、毎日苦痛な生活を送り、妊娠しているママに返す言葉もできないのでついに病気になってしまいました。
 特にお正月前後の5日間ジャジャと付き合って、パパは倒れそうになりました。でも、ジャジャはパパと毎日出かけられ、嬉しく遊んでいて、パパのつらい気持ちが分からなかった。
 
 ママのために何も役に立たないパパは、どこが格好いいの?どの面は王子さまに似ているのと、ママはいつも思っています。
 ジャジャが生まれて、ママは五年間ジャジャを見ています。三ヶ月前、やっと娘と並べて各自の本を読めるようになったと思ったら、妊娠したことが分かりました。この五年間、ママはろくに本を読んだことがありません。
 これからまた五年間!と思うと、ママは息が詰まりそうです。特に、五年間経ったら、パパの左右にいるわが子が、ママに向かって、一緒に「やめろう!」と、パパの味方にするという場面を想像したら、気がまずくなります。
 男って、こんなずるい者が多いようです。幼稚園のママたちの話を聞くとよく分かります。 

 この前、一人でいたとき、中国にいる友達に手紙を書きました。
 つらいこと、不愉快なことがたくさんあって、友達に話したかったですが、紙に落ちた文字は、美しい桜の話と友達を褒める言葉ばかりでした。
 一人でいたので、心が静かになり、人を許す気持ちと自分を許す気持ちができたのじゃないかと思っています。
 
 
 
[PR]
by chinamama377 | 2008-03-01 12:01 | 育児日記