★育児日記★


by CHINAMAMA377

育児(1527-0055)日曜日

             育児(1527-0055)日曜日
                     20081005(日) 晴ー雨 

  1
 「ママ、私のたまごはどこなの?」
 「ママが持ってないよ。」
 「ママが盗んだでしょう!」
 「ママが盗んだところを見たの?」
 「見てないけど。」
 「じゃ、そう言ってはだめよ。見てないことを言ったらおまわりさんが怒るよ。」
 「・・・・・・」
 「さっき自分でおんぶ紐に入れたでしょう。忘れたの?」

  2
 「ママ、私のお尻のポケットのボタンをとって。」
 「なんでとるの?」
 「堅いものを入れるから。」
 「なんで堅いものを入れるの?」
 「今度ママが私のお尻をたたくときポケットの上をたたいてね。」
 「今度脚をたたくよ。」
 「だめだめ!」
 「じゃ、たたかれないようにして。」
 「やっぱりいたずらをしたい。」

  3
 「ママ、まだおばけのばあばの電話を教えてくれないの?」
 「うん。教えない。」
 「おばけのばあばに聞いてみてね。」
 「聞いたよ。こどもに教えてはいけませんって。」
 「じゃ、いつ教えていいの?」
 「ジャジャが大人になってから。」
 「もう半分大人でしょう。」
 「そうだけど、大人のママになってからね。」
 「え~・・・・・・」
 
  4 
 「ジャジャ、このドアの傷、だれがやったの?」
 「分からない。」
 「ジャジャがやったじゃないの?」
 「私じゃないよ!私はドアを登ったけど、足跡だけ残るでしょう、傷跡は絶対ありません。そうでしょう、私がこうやってこうやって登ったら?(手振り身振り)
 「それはそうですけど・・・・・・」

  5
 「ジャジャ、片付けてから歯磨きしてね。」
 「なんでママはいつも私のできないことばかり言うの?」
 「ジャジャのできることしか言ってないよ。」
 「できない。」
 「ジャジャは最近片付けも上手だし、歯磨きも上手ですよね。」
 「できない!」
 「じゃ、ママと半分ずつ片付けましょう。」
 「いいよ。」
 ・・・・・・・

 トト君は昼間長く起きるようになりました。でも、もう一つの問題が出てきましたーートトは哺乳瓶よりママのおっぱいが好きです。最初から哺乳瓶を拒否し、おっぱいが終わるまで飲んで、それからミルクを飲み続けます。でも、ママのおっぱいはそんなにありません、夜緊急時に使うつもりでいます。
 ママは電話の中でおっぱいをやめたいと言ったとき、中国のおばあさんは「まだ小さいからもうすこしあげて」と。まだ会ってないけれど、中国のおばあさんはもうトトくんをかばっています。
 ママは寝不足の日々を過ごしています。パパの風邪はまだ治ってません。
[PR]
by chinamama377 | 2008-10-05 23:36 | 育児日記