★育児日記★


by CHINAMAMA377

カテゴリ:育児日記( 204 )

6月14日

             6月14日(木) 晴れ


  天気予報を見たら、明日は晴れるそうです。明日はトトの園外保育があります。午前で疲れたら、午後の体操教室は行けなくなるのかもしれません。今日はいっぱいかせないとだめです。

  今日はジャジャの授業参観や懇談会があります。午後一時トトを迎え、そのまま学校に行きました。パパが今日休みで助かりました。
  授業内容は工場見学の感想を述べることでした。ジャジャは焼かれて茶色になったコインを白い紙に書き、みんなの前で説明してくれました。
  簡単で分かりやすく、とても上手に説明できたと、ママがジャジャを褒めました。
  一年生や三年生、四年生、ジャジャは積極的に手を挙げ、先生の質問を答えようとしました。二年生の時は一年間の授業参観で、ジャジャは一回も手を挙げたことがありませんでした。ジャジャは気づいてないかもしれませんが、ママにとっては忘れられないことです。それは本当のジャジャじゃなかった。
  でも、に先生のジャジャは、字を綺麗に書き、市の小学生書道展覧会に出してもらいました。
  
  学校では、いろんな不愉快なこともありますが、ジャジャがいろいろ喋ってくれますので助かります。ママはいつもジャジャの仲間です。いつでも、ママはジャジャのことを大事にし、ジャジャの一番の友達でいるつもりです。
[PR]
by chinamama377 | 2012-06-14 16:33 | 育児日記

6月13日

                     6月13日


  昨日は幼稚園の面談がありました。
  トトのことを色々聞きました。ジャジャの小さい頃と同じ、一つのことをやっている途中、他のことに気をひかれ、途中ほかのことをやってしまうことです。
  お弁当の途中もお友達に声をかけたりしています。
  ママはこれからうちで注意すると、先生と約束しました。
  
  面談のために一時間延長保育を頼みましたので、3時からのお迎えです。それからトトと一緒に歩いて小学校に行きました。ジャジャが傘を忘れたのです。
  でも、小学校についた時、みんなもう居なくなったみたい。傘入れのところはもう傘がなくなっていました。うちに電話をしたら、ジャジャが電話に出てくれました。もう帰ったのです。
  最近は授業参観や懇談会があり、今週放課時間は14時35分になっています。ママは学校のスケジュールを見てなかったので、それをしらなかった。
  
  今朝は蟯虫検査と尿検査を提出しました。
  大人がしっかりしていると、子どもたちも恵まれます。中国の子供たちは、いろんな健康検査を受けていますか?ママは小さいころ受けたことがありません。予防接種を何回受けましたが、それはなんのための予防接種だかわかりませんし、親たちへの知らせもなく、国が自由勝手にやっていました。健康手帳もなかった。

  そういえば、この前ジャジャも尿検査を受けました。全部ジャジャが自分で準備したのです。今日はゴミ焼却場に見学に行ったそうです。リュックの支度もジャジャが全部自分で用意しました。もうママに言われなくても、自分のことは自分でしっかりできています。 
  お風呂も、トトと一緒に入り、トトの頭を洗ったり、上がってからトトのパジャマを着せたりしています。助かります。
  いつのまにかこんなに大きくなったのと思うぐらいです。

  今日の工場見学で沢山歩きましたけど、午後の水泳にも行きました。夜はかなり疲れたようです。

  毎日子どもたちの寝顔をみて、ママは自分自身のことを反省しながら、周りの友達や先生かたに感謝しています。
  
[PR]
by chinamama377 | 2012-06-13 22:05 | 育児日記

6月12日

            6月12日


  幼稚園から帰る途中、トトがママに質問しました、
  「今日シールを貼った時、先生は一と二のところに貼ろうねって言ったの、今日は何日?ママ知ってる?」
  ママは何も考えないで返事しました、
  「6月12日!」
  「僕が言いたかったのに!」
  怒られました。トトはママに質問したではなく、謎を出すつもりでした。しかも、ママが答えられない謎を出したかった。

  雨なので、傘をさして歩いたら、トトはまた謎を出しました、
  「ママ、さしてもさしても痛くないものはな~に?」
  「かさ!」
  また言ってしまいました。ごめんなさい!ママの答えられない謎を出したかったね。

  今日パパの帰りが早かった。二人をお風呂に入れてくれましたが、ママが二階の台所からパパの怒り声を聞こえました、
  「こら!こら!・・・・・・」
  ジャジャとトトのお風呂時間は、ただお風呂に入って静かにいることではなく、魚釣りとか水鉄砲遊びとかいろいろ番組があります。
  二人と付き合うのにどれほどエネルギーが必要だか知ってほしかった。お風呂上がりのパパがかなり疲れた様子でした。

  一日だけでも、日記では書ききれないほど出来事があります。今日は先生との面談がありましたが、書く時間はもうなくなっています。明日書くことにします。



  
[PR]
by chinamama377 | 2012-06-12 20:51 | 育児日記

6月11日

                      6月11日

  朝、トトがトイレでトイレットパッパーの芯を発見し、それを使って「アイロン」を作ろうとしました。でも、もう出る時間になったので、パパママはその芯を取り上げ、トトが大泣きしました。  
  作って幼稚園に持って行き、先生に見せたいというのです。

  大泣きしていたトトを見てママは混乱しました。慰めるどころかお尻を思い切り叩きたいぐらい。
  幼稚園についたら、トトは先生にこう言いました、
  「ママは朝から工作をしてはだめって言ったの、ぼくは先生にアイロンを見せたかった......」

  トトは自分のことを「ぼく」や「おれ」とも使っています。何かを知っているとき、「おれ知ってる」、「ぼくも行きたい」というふうに使っています。
  この「おれ」は、いつ使い始めたかママもわかりません。入園するまでは、トトはずっと自分のことを「トト」と言っていました。
  
  お迎えに行った後、近くの小さい公園でお友達とすこし遊ばせました。公園に中学生が沢山来ていました。一人の男の子はずっと暗い顔をして一人で座っていました。他の男の子がその子をからかったりしていました。
  途中、体力勝負の喧嘩になったこともあります。
  暗い顔をしていた子は、ずっと一人で誰とも遊んでなかった。誰も彼のそばにいてあげなかった。

  そとでいろんないじめの場面を見ていました。
  一番印象に残ったのは、日本に来たばかりの時、町田の街で三人の男の子が一人の子をいじめる場面でした。
  その一人の子は寒い中半裸になってしまっても、その三人はあの子をいじめ続けました。当時その様子を見ても、「いじめ」ということは考えなかった、みんな変な遊びをしていたと思いました。ママの記憶には、友達の間でのいじめはなかった。
  卑怯でも度があります。友達をそこまでいじめたら、大人になった時、振り返ってみたらどんなに恥ずかしい思いをするのでしょうか?_それとも恥知らず一生を終えるのでしょうか。
  大人のなかにそういう人間が沢山隠れています。考えるだけでも恐ろしい。赤ちゃんの中に沢山の子がまたそういう人間になります。もっと恐ろしいことです。

  ジャジャとトトの寝顔を見て、いつも反省してます。どうやってこの二人を品質のよい人間にできるか?迷いや疑問ばかりですが、頑張るしかありません。
  
[PR]
by chinamama377 | 2012-06-11 21:23 | 育児日記

2012年6月10日 日曜日

                    2012年6月10日


   日曜日。
  午前パパがトトとジャジャをつれて小学校の体育館に行きました。でも、パパは30分しかなかったので、そのあとすぐ出てしまいました。
   体育クラブが行なった行事でした。トトもジャジャのそばに立って一緒にダンスのまねをしました。でも、ママが行ったとき、ジャジャがしょっちゅうトトを叱っているのを見ました。
  三歳のトトが一生懸命頑張ってもみんなにはついていけません。それでもトトは逃げないで先生のまねをしていました。パパもママも感心しましたが、ジャジャだけはトトの踊りに不満です。
  トトは休みの時間をきっかけに、踊るのをやめました。「難しすぎる」と言いました。
  「ママもできない、本当に難しすぎる、できなくても大丈夫。」
  ママはトトを慰めましたが、ジャジャはトトの顔を白い目で見ました。ちょっとひどいお姉ちゃんになっちゃったみたい。

  昨日一日家に閉じこもっていましたので、今日午後3時半から三人で出かけました。おやつはうちですましたので、晩御飯は回転寿司に行きました。トトもジャジャも喜びました。
  昨年の311以来、子どもたちと一緒にお寿司を食べるのは初めてです。海を信用しない、お店を信用しない気持ちは、一年以上続きました。
  回転寿司から出た時、ママは昨年の自分を思い出しました。もし昨年心理専門のお医者さんに行けばもっと早く元気になったかなと思いました。


  
[PR]
by chinamama377 | 2012-06-10 22:41 | 育児日記

6月8日

                    6月8日 金曜日 

  金曜日はトトの体操の日です。朝幼稚園に送った時、ママが何回も言いました、
  「今日は体操の日だから、ママが迎えに行ったら、すぐ一緒に帰りますね。」

  お迎えに行った時、トトはまだ遊びたかったけど、我慢してママについて帰ってくれました。朝の予告はとても大事だと思いました。

  金曜日は疲れる日です。トトの送り迎えでもう体力を使ってしまいました。帰ってきたらまたトトの自転車を「護衛」しながら公園に行きます。トトが体操の時間に、ママがジャジャとおしゃべりします。何をどう聞くかママは一生懸命考えて聞かないとだめです。もう四年生だからそんなに簡単に返事してくれません。

  金曜日は二人ともそとで思い切り遊べるから夜は静かに寝てくれます。前はママが映画を一本見ていましたが、今は子どもたちと一緒に寝てしまいます。映画を見たくても眠すぎてたまりません。金曜日だからリラックスの気分でいるので疲れを感じやすい。

  最近はトトへの読み聞かせもジャジャが担当してくれています。嬉しいです。
[PR]
by chinamama377 | 2012-06-08 20:26 | 育児日記

6月7日

                  6月7日

  朝、トトに納豆ご飯を出しました。食べてるうちにトトのほっぺが納豆の糸で痒くなったみたいで、
  「蜘蛛がトトのほっぺに歩いてるみたい。」と、トトがママに話しました。

  幼稚園は今日歯科検診があります。トトは検査の結果が分からないけど、歯医者さんの話を覚えてくれました、
  「おりこうさんって言われたよ。」と。
  トトは一歳から歯医者さんの前ではいつもおりこうさんです。うちに帰るとちょっと違うけどね。

  晩御飯の時、ママがパパにある寿司屋さんの話をしました。今度行こうねとも言いました。
  すると、ジャジャもとトトも、
  「四人で行こうね。」と、賛成してくれましたけど、ママが
  「パパと二人で行くよ。」と。
  「だめ!だめ!」
  「ママはパパとデートしたいの!」
  そんな話を聞いたジャジャが、がっかりした顔でこう言いました、
  「ジャジャ、私はトトと二人でパパママのボディーガードしよう、いい?」
  あまりにも可愛すぎる話で、パパママが爆笑しました。

  最近はジャジャが合唱団に参加したので、朝は6時起き、夜は8時30分頃から寝ています。今日ママがトトを寝かせた時、トトが一回布団を身体に巻き、ママに背中を向けて寝ましたが、しばらくしてまたママのほうに寝返りしたら、布団の一角を取ってママの身体にかけてくれました。いつも腕枕を貸してくれると同じ、トトは極自然にそれをやりました。  
  ママのやっていることをすべて見ていて、しかもすべて真似をしています。
  親として、いつまで自信を持ってこの子の面倒を見られるかを考えると、恐ろしくなりました。自信がどんどんなくなって......
[PR]
by CHINAMAMA377 | 2012-06-07 23:24 | 育児日記

6月5日

                6月5日

  初めて幼稚園の授業参観に行きました。
 
  先生が卒業したばかりの若者で、かなり緊張していたようですが、なんとなく無事に終わりました。
  参観の内容は、歌と貼り絵でした。トトはお姉ちゃんの影響で歌が上手です。指も歌詞に合わせて数を出していました。貼り絵は親子一緒に作業していました。
  トトは最近お化けがすきで、貼り絵が終わった後、お化けの顔も書いてみました。青い空に白い雲、おひさまがきらきら輝いている絵なのに、お化けを遠慮なく書きました。
  ベロを出してるお化けも一人ありました。

  お迎えに行った時、トトがおもらしをしたそうでした。しても別にママが気にしないけど、先生二人ともママにこう言ってました、
  「ジャングルジムのところでおもらししたみたい。」と。
  なんで場所をこだわって言いましたかわかりません。どこであれ、おもらししたらそれでいい、場所は関係ありますか?
  家に帰ってから、トトをシャワーさせました。トトが幼稚園のパンツを履いていました。今日、ママが予備用のパンツを入れるのを忘れたのです。
  うちに新しいパンツがないので、今度買って園に返すしかありません。
  
[PR]
by chinamama377 | 2012-06-05 23:14 | 育児日記

2012年5月31日

                    2012年5月31日 木曜日 曇り 

  今日はトトの園が休みです。

  パパも今日は休みです。

  ママも今日は一日休みです。
  
  一日、三人とも家の中に閉じこもり、のんびり過ごしていました。トトも公園には行く気がないようで、うちでパパと楽しく遊びました。おもちゃのホッケーをしたり、折り紙をしたり、紙芝居を作ったりしてあそびました。

  トトは最近幼稚園で習ったことをうちで紹介するようになりました。幼稚園で何かを作ったら、うちでママに教えたがります。幼稚園で紙芝居をみたら、家に帰って、一生懸命その内容を何枚の紙に書いてママに読み聞かせたいのです。

  今日、トトが百人一首のカードを手にして、声を長くして読んで見ました。パパママは我慢できなくて笑ってしまいました。トトは、ママの真似して詩吟をしていたのです。でも、トトは平仮名を覚えたばかりで、文字をひとつずつ読むことしかできません。というわけでトトの読み方は極めて面白いです。

  そのあと、トトが身体でアルファベットを作ってパパに見せた。Xを見せた時、トトは腰を深く下ろし、両手を後ろに高くあげ、両足を八字にして立っていました。パパがそれをみて大笑いしました。
  どこで誰かに習ったかわかりませんが、トトはいつも可愛いことをしてくれます。

  パパとホッケーをするとき、まずジャンケンで誰が先にやるかを決めます。トトが一回目負けてしまいました。負けず嫌いなトトは、「もういちどジャンケンする」と言い、しかも「今度は負けた人から先にやる」というルールをつくりました。
  二回目はパパの負けです。トトその結果をすぐ受け止め、パパから始まることを認めました。 

  ジャジャは午後三時半頃帰ってきました。家に入った後まだ大笑いしていました。お友達と何か面白い話をしたようです。
  今日パパがいるので、ママは子どもたちのことをあまり見てなかった。最近は疲れやすく、今日は食事の準備以外完全に子どもたちをパパに任せました。午後、ママは昼寝をしました。
  ジャジャのピアノレッスンはパパがまだついて行ってます。そんな時間、トトにテレビを見せ、ママがトトのそばで寝てしまいました。
  どこにも行かない一日はすくないのです。でも、子どもたちと一緒にいると、出かけてなくても疲れやすい。生活を楽しむにもエネルギーが必要です。パパがいると少し楽です。

  明日からまた頑張りましょう。


 
   
[PR]
by chinamama377 | 2012-05-31 22:23 | 育児日記

5月30日

                     5月30日(水) 晴


  朝、幼稚園の近くで同じ幼稚園の男の子に会いました。あの子が長袖の制服を着ていました。
  そのお母さんが朝のことを説明してくれました。朝子供が寒いと言い、どうしても長袖の制服を着たいと言ったので、時間と子供の気持ちを考え、長袖の制服を着せ、また半袖の制服をカバンに入れといたそうです。
  幼稚園之前でも、その子は半袖の制服を拒否しました。
  トトのママがこういいました、「子供は時々みんなと違うことをやりたいかもしれません。」
  ママが言いたいのは、それだけではありません。幼稚園では、制服だけではなく、やることはみんあ全部一緒でないとだめなので、子どもも我慢の限界があるのです。
  子どもはどうしてこんな晴れ晴れの日に長袖のワイシャツを着たいのでしょうか?先生か友達に注目してほしいか、先生にもっと自分のことを見てほしいか・・・・・・すこしはみんなと違うことをしたいという気持ちは、子供に誰にでもあると思います。でも、集団生活ではそうしてはいけません。
  他にできないならば、制服はどうですか?子どもが考えていたかもしれません。それとも、自然に制服を使って自分の意志を伝えたいのかもしれません。
  でも、二人の先生で25人を見るのなら、みんな自分の意志で動くなら、先生が大変です。親でも、子どもには自分の意志で動いて欲しいでしょう。
  なんとも言えない気持ちです。

  今朝、家では大変不愉快なことがありました。
  ママが洗濯機を見ていたとき、パパとジャジャ、そしてトトと三人で朝ごはんを始めたところです。トトがママの買った練習用のお箸を使っていました。
  そんなとき、ジャジャがトトの親指の置く場所が間違えたと言いました。
  トトはそれを納得できなくて、大きな声で反発したので、ママが気づきました。
  ママがジャジャに大きな声で「黙って食べて!」と言いました。
  でも、ジャジャが黙ってくれなかった。しかも、パパも同じことをトトに言おうとしました。
  パパと姉の向こうに座っているトトは、泣きそうになりました。
  ママはついに興奮してしまい、ジャジャとパパにひどいことを言いました。

  そのお箸はママが買った女性や小学生用のサイズです。トトが使うと、親指は決められた場所に届かないので、ママの許可をもらい、親指はすこし下のほうに置いてます。
  でも、ジャジャがそれを指摘しました。
  ジャジャのことだから、いつもトトのミスを見つけ、冷やかしたり否定したりしています。
  でも、パパはそうしてはいけません。
  男の子だから、いろいろ細かいことが苦手でも仕方がないと、ママが思っています。他の男の子と比べたら、トトはハサミや鉛筆の使い方は上手なほうです。お描きも折り紙も上手なほうです。ママは入園後のことを考えて、早く教えたのです。でも、どんなに頑張っても、トトはジャジャの三歳頃のレベルには達していません。トトは幼稚園でいっぱい褒めてもらい、自信満々ですが、うちに帰ったら、お姉さんの前では、全くバカのように見えます。そう見えてもいいけど、もしトト自分自身がそう思ったら大変なことになると、ママが思っています。
  下手でも、ママはトトに自信をもって、すこしずつ習っていってほしい。でも、ジャジャはトトに向かっていつも否定的な言い方を使っています。
  今朝、ママが我慢できなくて、ジャジャにこう言いましたーー「あなたは、人を褒めたことがありますか?」
  

  そのあと、ママがトトを幼稚園に送り、一人でいろいろ考えました。ママがもしそんな大きいサイズのお箸を買わなかったら今朝の怒りもなかっただろうと。
  うちの近所は小さいスーパー以外他の店はほとんどありません。子どもの靴下ぐらいでも、電車かバスに乗らないと買えません。
  そんなお箸も、雑貨屋には、そのサイズしかありません。もともとはママがトトの持ち方を気にしていなかったけど、育児の本を読んで、正しい持ち方が大事っていうので、それを買いました。
  午前中、電車に乗ってトトサイズの練習用お箸を探しに行きましたが、見つからなかった。
  ストレスになったのかもしれません、ママはトトに普通のお弁当用お箸と箱を買いました。買わなくてもいいものを買いました。
  傷ついたまではありませんが、ママが今日気がつきました。どんなに頑張っても、ママは完璧に子育てできません。他人の言うことを、気にしなくてもいいということです。でも、難しい。
  今朝は、なんでそんなに怒ってしまったのでしょうか?

  今日は水曜日で、午前中の保育です。お昼はパン屋さんでサンドイッチを食べました。トトは麺類があまりすきではないけど、そのパン屋さんで食べるのが好きみたい。
  それからトトと床屋に行って、髪の毛をカットしてもらった。トトはおとなしく座ってくれました。
  ジャジャが水泳に出たとき、トトも行きたいと言いました。でも、お姉ちゃんが出た後、トトはすぐ寝てしまいました。疲れたからです。

  最近はトトと切り紙の練習を沢山したいと思っています。練習用のお箸は、また見つけたら買いたいと思っています。
  
  
  

 
[PR]
by chinamama377 | 2012-05-30 17:31 | 育児日記