★育児日記★


by CHINAMAMA377

カテゴリ:ボランティアノート( 12 )

 11、「子どもの中国語」という話題

 今日、親子教室に行ったとき、子どもの中国語という話題が出ました。もうすでに古い話題です。 
 中国人のママたちは、子どもと中国語を話したがっているようです。でも、ジャジャのママは、最初からジャジャと中国語でしゃべっていなかった。正式に中国語を習ってほしいと思ったのは、今年の夏休み前からです。
 ジャジャの知恵を信じてないわけではありません。
 ジャジャには、友達と無難に交流してほしいし、日本語を自由に使ってほしいのです。しかし、パパママはいつも中国語で話しているので、ジャジャにずっと日本語でしゃべっていても、幼稚園に入ったばかりのとき、ジャジャの日本語が足りなかったのは事実です。
 中国人のママたちは、「幼稚園に入れば、自然に覚える」と思っているようですが、日本人の先生に迷惑をどれだけかけるか、子どもにどれだけさびしい思いをさせてしまうか考えてないようです。

 もしどうしても子どもに生まれた時点から中国語を覚えてほしいなら、いくつかの条件があるならいいと思います。全部そろってなくても中の一、二箇条あればと思っています。
 1、日本人のお婆さんと一緒に住むなら、大丈夫です。お婆さんは子どもに童謡や日本語を自然に教えてしまいますので、心配はありません。
 2、普段ママのほうは積極的に日本人のママたちと交流し、そして子どもの日本人友達がいつもいるなら大丈夫だと思います。
 3、ママの日本語が十分ですし、日本の歌や絵本も子どもに教えられるなら、大丈夫だと思います。
 4、子どもを一歳頃から日本の保育園に預け、日本人の先生とお友達と十分交流できるなら大丈夫だと思います。

 ママは未熟な日本語を使い、また家に閉じこもりがち、さらに子どもに中国語ばかり使っているなら、問題がいつか出てくると思います。

 親は仕事、子どもは子どもの世界。そんな子どもの気持ちを無視する中国人の子育て方は、日本では通じないと思います。
 中国人のママたちは、子どもの心の動きを読み取り、よその世界をちゃんと見てから自分なりの子育てを決めたほうがいいと思っています。
 これは、ジャジャのママがたくさんの挫折を経験した後得た感想です。

 他人の子どもは中国語がぺらぺら、わが子もそうできるはずという考え方は捨てましょう。
 
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-22 13:32 | ボランティアノート

10、魚釣りを遊ばせた

 10、魚釣りを遊ばせた

           20070924

 長い間休んでしまいましたので、今回は行く前に、魚釣りを用意しておきました。
 魚でも釣り竿でも、みんな紙で作りました。前は魚をパソコンで印刷したのですが、インクがかかりすぎて無駄だと思いましたが、この前公民館のお話し会で紙魚を見かけ、それをまねしました。
 折り紙で魚の模様を切り取り、子どもたちにその鱗やお目目をクレヨンで描いてもらいます。お描きと魚釣り両方楽しめます。
 今日、皆さんと久しぶりに会って、とても楽しかった。子どもたちも大きくなりました。
 長い夏休み、皆さんはどうすごしたか聞きたかったですが、いつも12時終わったら帰ってしまいます。ジャジャを2時お迎えに行かないとだめなので、皆さんとゆっくり話す時間が作れません。
 しかも、長い夏休みと9月は、ほとんど休んでいました。他の先生には申し訳ない気持ちでいます。
 できる限り頑張りましょう。
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-24 22:26 | ボランティアノート

 9、タオル式ブランコ

          9、タオル式ブランコ

 ジャジャは「タオル式ブランコ」が大好きなので、ママはずっと前から大きなタオルを保育室に持っていきたかった。でも、いつも朝忙しいので忘れてしまいます。
 「タオル式ブランコ」というのは、子供をバスタオルの上に載せ、大人二人で別々にタオルの四角を持って揺らすことです。子供は大喜びです。
 今日、保育室のべビーベッドの上にバスタオルがあったのに気が付き、早速もう一人の先生を誘って、タオルブランコを使ってみました。
 子供たちは最初すこし怖がっていましたが、二回目揺らしてもらったら、みんなニコニコして大変嬉しかったようです。
 タオルを半分に折って、四角に紐をつけて縫ったら、本当の使いやすいタオルブランコができるかもしれませんといつも思っていますが、まずは縫う時間がなかなか作れません。
 今日、ジャジャのママはずっと子供たちと遊んでいました。とても楽しかった。
 韓国の方の娘さんは絵本にとても興味があり、次々と絵本をジャジャのママに持ってきました、
 「読んで。」と、あの子が最初言っていましたが、二回目絵本を持ってきたとき、ジャジャノママが教えました、
 「可愛い女の子はね、読んでくださいと言うのよ。○○ちゃんも読んでくださいと言ってね。」
 それから、○○ちゃんはずっと「読んでください」と言ってくれました。 
 男の子○○君は中国人ママと一緒に来たのです。パパも中国人なので、○○君の日本語がそんなに上手ではありません。でも、ママは最近気が付き、日本語で話しをかけているようです。
 ○○君は車や電車が大好きで、絵本でも電車の絵本しか選びません。玩具はもちろんいつも電車で遊んでいます。今日、電車の線路をつなげるとき、○○君はとても上手でした。
 もう一人の女の子○○○ちゃんは、インド夫婦の娘さんです。日本語は前よりずいぶん上手になり、ジャジャのママに話しをかける前にいつも、
 「すみません!」と言います。しかも、ママのまねをして、絵本を持ってきたときジャジャのママを「先生」と呼びます。
 ○○○ちゃんは、日本語の平仮名はまだ読めませんが、英語のアルファベットが全部読めますし、英語もしゃべります。お友達に「Let`s go!」と言うときとても自然な話し方でした。
 もう一人の女の子○ちゃんは先週も今週も来なかったので、○○○ちゃんはお友達のことを覚えているので今日ママに聞きました、
 「○ちゃんは?」と。
 ○ちゃんのママはもうすぐ出産するので、これからお勉強はしばらくお休みになります。○○○ちゃんはしばらく○ちゃんに会えなくて寂しいでしょうね。
 子供たちを見て、ジャジャノママはいつも不思議に思います、
 「なんで子供たちはいつもこんなに可愛いのでしょうか?」と。
 バカバカしい質問でした。
 
 
[PR]
by chinamama377 | 2007-06-25 22:26 | ボランティアノート

8、友達の悩み

            8、友達の悩み

 友達のYさんは中国人で、同じ中国人のご主人と、二歳になったばかりの息子と、三人で暮らしています。
 近所にはお友達ができてないため、彼女は子供を連れて外遊びが少なくなり、子供は夜遅くまで起きている状況です。
 また、一人子なので、お外で遊ばせたら、息子さんは他の子が遊んでいる玩具を黙って取ることが多く、ママが見たらとてもストレスを感じます。
  早く寝てくれればいいな、。お友達に優しくできればいいなと、Yさんはきっと毎日思っているでしょうね。

 梅からのアドバイスーー

 1、子供に日本語の挨拶をしっかり覚えてもらうこと。 
  「おはようございます!」
  「こんにちは!」
  「こんばんは!」
  パパママから挨拶をしてもらうと、子どもは自然に挨拶を身につけると思います。
  
  また小さい子たち一緒に遊ぶとき良く使う言葉ーー
  「入れて」
  「貸して」
  などなど、しっかり覚えさせてくださいね。

 2、ママはできるだけ子供と日本語で話してください。
  ママは一人で子供を見ているので疲れるのが分かりますが、子供には日本語をマスターする必要があります。
  日本語のできない子、あるいは日本語の十分理解できない子は、お外に出たら日本語でしゃべる子との交流は難しいのです。言葉が通じないとお外に出ても、子供は他の子と馴染みにくく、遊ぶときも自分の意志を伝えることができなくて、相手の意見も理解できなくなります。結局、一緒に遊べなくなります。
  子供のために、ママは家で頑張って日本語でしゃべる必要があると思います。
 
 3、睡眠のこと。
  男の子なので体力があまっているかもしれません。夜遅くまで起きているのは、疲れてないからです。ママは愛情をたっぷり注いでいるので、そこには問題がないと思います。
  毎日外遊びが必要です。体力を消耗させるだけではなく、他の子との交流を深め、日本語や日本の子供たちの遊び方、同じ年の子供たちとの関わり方を、子供同士の遊びやケンカで習っていくのです。
  幼稚園に入るまでまだ一年間あります。この一年間を大事に大事に使い、子供の世界を理解してあげてください。
  
 4、できれば、幼児教室を使ってもよいと思います。どんな幼児教室でも、挨拶やルールをしっかり教えてくれますので、そこで先生方にお任せして、わずか何十分の間でも、ママは休めます。
  それと同時に、お友達ができるかもしれません。すくなくとも、子育てについての質問は、日本人のママたちに聞けます。

  とにかく、まずは、必ずお外に連れて遊ばせてくださいね。
[PR]
by chinamama377 | 2007-06-18 22:47 | ボランティアノート

7、送別会

         7、送別会

  今日は一時間お勉強、それからの一時間を使って送別会を開きました。

  初めての一時間に、ママは他の先生の変わりに、インドママに日本語を教えました。会話はとても楽しかったですが、インドママはノートもボールペンも何も持って来なかった。
  ジャジャのママは自分のことを思い出しました。ママはいろんな小さいことに気が付かない者なので、幼稚園のことはいつも友達がメールで知らせてくれています。この前、子どもが幼稚園に持っていく牛乳パックさえ友達が用意してくれたのです。ママはそのパックに書いてあったジャジャの名前を記念写真に撮りました。
  子どもがいていつも疲れているのでしょうか。いつも子どもに振り回されて食事や買い物だけで精一杯でしょうか。ジャジャのママはここ何年、忘れっぽくなりました。
  ジャジャのママは「先生」でありながら、ボランティア先に行くとき、ボールペンを忘れることもしばしばです。
  ママたちは、もうちょっと心の余裕を持っていればいいなとおもっています。

  それからの一時間、みんなで食事をしました。
  二人の妊婦(にんぷ)さんはもうすぐ出産するため、しばらく皆さんと会えなくなります。また、お二人に元気な赤ちゃんが生まれるように、先生方手作り料理を持ってきてみんなでお祝いしました。
  フィリピン人のママはもう二人のお子さんを持っていますので、今回は三人目です。台湾人のママは一人の男の子を持っていますので今回は二人目です。
  これからもっとたいへんな生活を送るかもしれませんが、頑張ってくださいね。
  先生方の暖かいお言葉を聞いて、フリピン人ママは、
  「涙出ちゃうよ。」と言いました。
  ジャジャのママも含めて、国から離れている若いママたちは、日本人の先生方に甘えているとおもっています。
  ジャジャのママはもともとから揚げを持って行きたかったですが、昨日のいろんな出来事で疲れてしまい、朝ジャジャのお弁当だけ作って、醤油でつけておいた鶏肉をそのまま放置し、手ぶらで行きました。
  そして、食べるだけではなく、残った食べ物まで持って帰りました!
  夕方、ジャジャは友達と一緒に遊んだところ、ママは持っていたおにぎりや杏仁豆腐などを出して、みんなで分けて食べました。
  石のテーブルだったし、大変なご馳走でもなかったけど、日本人先生方のお気持ちなので子どもたちにも分けてもらいたかった。

  楽しい一日でした。いろいろありがとうございました。
  
[PR]
by chinamama377 | 2007-06-18 22:22 | ボランティアノート
   6 「持ち歩いていますか」
        20070521 晴

  日本語学習者の中に、二人の若いお母さんが妊娠しています。今日、二人とも検査を受けに行く日だそうで、ジャジャのママは中の一人にこう聞きました、
  「保険証を持ってますか?」と。
  「持ってます。」
  「毎日持ち歩いてますか?」
  「毎日持ち歩いてます。」
  このお母さんは台湾人で、日本語がそんなに流暢ではないですが、同じ台湾人のご主人は日本に20年以上住んでいますので、きっと日本に馴染んでしまい、奥さんにいろいろ教えてくれるでしょうと思っています。
  しかし、もう一人の比律賓人ママに同じことを聞いてみたら、こんな返事をもらいました、
  「なんで持ち歩くの?」と。
  しかも、上の二人を妊娠していたとき、お腹が大きくなっていても保険証を持ち歩く習慣がなかったようです。
  ジャジャのママはびっくりしました。

  (待続)
[PR]
by chinamama377 | 2007-05-21 21:35 | ボランティアノート

5、柏 餅

        5 柏 餅

  今日は台湾の学習者と中国やインドの学習者が来ていました。
  保育室が他のサークルに使われていたので、高い机のある部屋を貸してもらいましたが、子供たちもいたのでお勉強はあまりできない状態でした。
  でも、ある先生は今日鯉のぼりを作る材料をたくさん持ってきて、皆さんに作り方を教えました。紙コップ二つで鯉の体と頭の部分をつくり、それからカラー紙のうろこやお目目を貼りました。子供たちはまだ小さかったので、お母さんたちと先生と一緒に楽しくつくりました。
  ジャジャのママは名義は「先生」ですが、このようなとき学習者と一緒に手作りで日本の風習をお勉強します。今日もとても楽しい一時を過ごしました。
 鯉のぼりを作ったら、リーダーの先生が皆さんを集め、美味しいものを出してくれました。
 柏糯でした!
 端午の節句には柏糯と、ジャジャのママが教えてもらったことがありますが、一度も買ったことがありません。日本の祝日が分かっていますが、実感がわいてこないのです。
 一ヶ月前、桜の花が満開したとき、リーダーの先生が皆さんに桜糯を持ってきてくれました。
 季節の移り変わりをお気持ちで知らせてくれたと思いました。何より、みんなでいただいた桜もちや柏糯などは、一番美味しかった。
 学習者たちも、これからの人生の中で、季節が移り変わると、日本語先生方と一緒にいただいたその懐かしい味を思い出すのでしょうね。
 いつものお心遣いを、ありがとうございます。


                       --梅 20070507
[PR]
by chinamama377 | 2007-05-07 23:03 | ボランティアノート
            4 「公民館と子供センターを探して」
                    -- 中国人ママへのアドバイス

 4月は一回しかボランティアに行ってなかったですが、考える事がたくさんありました。特に日中博友会に来た中国人若ママの話を聞いて、考えたことをノートに書くようになりました。
 あの若ママはご主人の仕事で3月中旬日本に来たばかり、お子さんはすでに幼稚園に入れてもらいましたが、言葉も生活習慣も何もマスターできてない状態でいます。
  お弁当作りは何とかご自分で頑張れると思いますが、どうしても自分で頑張れない部分があると思います。
  例えば、友達がいないこと。特に同じ年齢の子をお持ちのママ友がいないこと。子育ての悩みを日本語で相談すること。幼稚園からの手紙を読むこと、予防接種してくれる場所を探すこと。困っていることが山ほどあると思います。
  ジャジャが生まれたばかりのとき、ママは退院した日、どうしても赤ちゃん用のせっけんを売ってもらいたかった。病院の看護婦さんは「薬局のほう安いと思います」と言ってくれましたが、ママはそれを信じなかった。なぜかというと、ジャジャのママは薬局にせっけんがあるはずがないと、中国人の常識で考えたのです。ジャジャが生まれるまでママはもう日本に三年間生活していました。薬ばかりの薬局(だいたい病院のそばにある)以外、一度も薬局でシャンプーやせっけんなどを買ったことがありません。いつも仕事の帰りに駅ビルのスーパーで買っていたのです。今考えたらずいぶん無駄遣いしていまいた。
  子供が幼稚園に入ると、ママには難しくても、子供はすぐお友達をつくり、かえってママを助けてくれるかもしれません。
  一番困っている人は、子供が幼稚園に入るまでの外国人ママたちだと思います。そこで、ママたちにはいくつかのことを知ってもらいたちと思っています。

  日本人は普段親子で公園にも遊びに行っていますが、声をかけやすいところは、まずは公民館や子供センターなどと思います。それらのところに、年齢が同じぐらいの子を持っているママたちは、よくサークルを作り、子供たちに歌や体操や読み聞かせなどをさせたりして、子育てを楽しんでいます。
 中国には、国民が無料で使える公民館がほとんどないため、中国人ママたちもそんなことを知らないと思います。ジャジャが二歳になるまでママもしらなかった。
 日本の道は名前をつけてないので、もしどうしても一人で探すのが大変でしたら、ネットで公民館の電話番号を見つけ、電話で問い合わせたらいいと思います。子育てのサークルがあるかどうか一度確認してから行ったほうがいいかもしれません。
 言葉が通じないなら、もう他に仕方がありません。とにかく足を運ぶことです。公民館はだいたい駅から離れていますので、ベビーカーで行くか自転車で行ったほうがいいと思います。もし車運転できるなら一番便利です。公民館はいつも駐車つきです。
 駐車のとき、障害者用の位置(普通のよりはちょっと広く見え、車椅子のマークがある)に駐車しないように気をつけてください。中国にはまだこのようなマークつきの駐車位置がないと思います。
 年齢が同じぐらいの子を持っている日本人のママたちは、きっといろいろ教えてくれます。教えてもらうを待つより、自分から勇気を出して聞くべきだと思っています。
  日本の方は、知らない人のことを、遠慮して口を出さないようにする傾向があると思います。迷っているところ、困っているところを自ら聞かないと、誰も先に聞いてくれないと思います。日本人ママたちが冷たいと思ってはいけません。中国人のように遠慮なくいろいろ聞き出す習慣がないだけです。
  お友達は自分から作るのです。これだけは必ず覚えてください。ママの姿は、子供がいつも見てそしてまねしています。自分のためにもわが子のためにも頑張ってください。 
[PR]
by chinamama377 | 2007-04-30 22:28 | ボランティアノート

ボランティアノート

    ボランティアノート
         20070521 晴

  日本語学習者の中に、二人の若いお母さんが妊娠しています。今日、中の一人が病院に検査に行くということで、ジャジャのママは自然にこう聞きました、
  「保険証を持っていますか?」と。
  「持ってます。」
  「毎日持ち歩いてますか?」
  「毎日持ち歩いています。」
  これは台湾人のお母さんの答えでした。台湾人のお母さんのご主人は同じ台湾人ですが、もう日本に20年以上住んでいるので、ずいぶん馴染んでしまい、奥さんにもいろんなことを教えてくれるでしょうと思っています。
  しかし、ジャジャのママの質問に対して、もう一人のフィリピン人お母さんはこう返事しました、
  「なんで持ち歩くの?」と。
  仰天!
  フィリピン人のお母さんは検査を受けるために先に帰ることになりました。彼女が学習室のドアに着く前に、ジャジャのママは大きな声で言いました、
  「明日から保険証を持ち歩いてね。」と。
  日本の先生方皆さんは一斉笑ってしまいました。 
  日本人の方にとっては、万が一のため保険証を持ち歩いているのは常識ですが、他の国の人にとっては常識ではありません。たとえ中国人のママたちに聞いてみたら、きっと同じ返事をもらいます、
  「なんで持ち歩きますか?」と。
  ジャジャが2歳頃あるデパートでy骨折したとき、私は保険証を持ってなかった。その時
[PR]
by chinamama377 | 2007-04-21 21:24 | ZHIYUANZHE
             3  ボランティアノート(3)
 
                         ーー梅

  今月は娘の入園式や月末までの半日保育で、ボランティア教室に行くことができなくなりました。
  子供たちに会えなくなっても、その可愛い笑顔がいつも目の前に浮かんでいます。8ヶ月だった赤ちゃんは、今度会えるときもう9ヶ月になるんですね。
  またお母様がお国から来てくれた韓国人ママが教室に来たときの幸せそうな笑顔は、まだ忘れられません。一時間でも子供を安心して預かることができたら幸せな気分になるというお母さん達の気持ちは、私はよく分かっています。
  4月のはじめに行った時、ある中国人のお母さんからいろいろ聞きました。昨年11月夫の仕事で日本に来た彼女は、何ヶ月も寂しい日々を過ごしました。
  その日、一緒に食事をしてから、プラネタリウムホールや子供遊び場を教えてあげました。それだけでも貴重な情報だと、彼女が言いました。
  息子さんはまだ2歳10ヶ月ですが、もうこれから幼稚園に入れる予定です。日本に来たばかりのとき保育園に入れましたが、費用が高いし、何も教えることがないので幼稚園に変わったそうです。
  でも、日本の幼稚園はどんなところだか、彼女はきっと分かってないと、ジャジャノママが心配しながら聞きました。 
  
[PR]
by chinamama377 | 2007-04-15 16:29 | ボランティアノート