★育児日記★


by CHINAMAMA377

カテゴリ:十人十色( 1 )

         1 人間はなぜ人の悪口を言うのがすきなの?(全文引用)

  ① 人の悪口を言うのがクセや習慣になっている人もいます。本人は正しい人物評価をしているつもりなのかもしれませんが。カゲ口やウワサ話をコミュニケーションの手段だと思っている人もいます。
  ② ストレスを発散していると考える人もいます。(それが人を傷つけることなどお構いなしに)
  ③ 人の悪口を平気で当人に言う人もいます。それで相手が傷つくことなんか想像できない無神経な人かもしれません。軽い冗談やちょっとからかっているつもりなのかもしれません。言い方やタイミングが悪い、いわゆる「口が悪い人」なのかもしれません。実際にそういう人はたくさんいます。
 この人は「こういう人」とわかった上で、話を聞いたほうがいいでしょう。 
  ④  気分が悪い時や悩みを抱えている時などに、つい人につらく当たってしまうことがあります。ふだんは悪い人ではないのに、何か問題を抱えている時に限って、誰かに当たり散らす

 人の悪口は、それを言っている「相手の問題」です。その裏には嫉妬心や欲求不満があるのかもしれません。人の悪口を言うことで質の悪い優越感や安心感を得ているのかもしれません。

 「人の口には戸は立てられない」と言われます。
 「こんな人もいる。でもこれは相手の問題。こんな人のためにイヤな気もちになるのは損だ」と考え、自分の心の平静を大切にできたら、と思います。

 いずれにしても、悪意がある悪口に対して自分が苦しんでしまったら、相手の思うツボです。「まともに相手をしない」のがいちばんではないでしょうか。

 口が悪い人は「こういう人だから」と考え、気分屋の人は「こういう時もある」と考え、悪意がある人は「相手にしないように」と考え、少しでも落ちついて対応できたら、と思います。聞くべきことは(好好と)聞き、その他の余計なことは(ハオハオと)軽く受け流すことができたら、と思います。
 頭にくる一言への対処法も参考になると思います。
[PR]
by chinamama377 | 2007-05-06 23:06 | 十人十色