★育児日記★


by CHINAMAMA377

<   2007年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

        育児(1148)「おうちの鍵」
              20070920(木) 晴

 最近は、お友達のまねして、毎朝ご飯を出しています。
 「ご飯じゃないと、元気が出ないじゃないの。」と、友達がそう言いました。
 今朝も薩摩芋と焼き魚と炒めキャベツ、冷奴などだしました。ジャジャは最近食欲が出たようで、楽しく食べてくれています。
 朝御飯の後、パパに頼んで、ジャジャの縄跳びを短くしてもらいました。火曜日コットンの縄をジャジャに買いました。今までプラスチックのを使ってもらっていましたが、ママはどうしてもコットンじゃないと納得できないので、ついに買ってしまいました。
 パパママが縄と戦っていたとき、ジャジャはすごいものを持ってきて、パパママに見せました。
 「おうちの鍵」でした。 e0110319_1185013.jpg
 パパママに見せたら、ジャジャはすぐ洗濯バサミで鍵をダンボールにつけました。これでジャジャのおうちはもっとお家らしくなりました。
 ちなみに、鍵の右側にあるのは、電気です。小さいスイッチを入れたら光ります。「おうちだから電気がないと夜は見えないね。」と、ジャジャが言いました。
 実は、昨日幼稚園から帰ってきて、ジャジャは「おうち」用のゴミ袋や財布なども紙で作りました。
 娘が作った鍵を見て、パパは何を思うのでしょうか?
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-20 11:04 | 育児日記

「ちょっと悪いことを」

         瞬间天使
           --给四岁零十个月的佳佳
 e0110319_10332324.jpg
  孩子,我常常称你为我的天使
  实际上那是顺手借来的谎言
  当谎言流传千年万年
  大人们便会把它当作真理
  因为他们要把那些破灭的理想
  重新挂在天使的翅膀上

  但是孩子
  今天我要告诉你一件重大的事--
  有时候不必在乎路边的那座大钟
  也不必在乎是否弄脏了宝贝衣裳
  当你乐意的时候
  请在那些美丽的露珠上打个滚儿
  并且尽情享受仰望蓝天的自由

                     ーー梅 20070905


(幼稚園に行く途中、ジャジャはいつも「ママ、ここで寝転がってみたいな」と。)
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-20 10:29 | 美好時刻美麗時光

子育て講演会

       21 子育て講演会  20070918(火) 晴

 午前10時から11時半まで、園のホールで子育て講演会が行われました。ジャジャのママは前々から楽しみにしていましたので、今日一番前の席に座れて、松村敏夫先生の話を思う存分楽しんできました。
 90分の間、話していただいた絵本の名前ーー

 1、「ぐりとぐら」 

 2、「おおきなかぶ」 

 3、「ちいさな猫」

 4、「とんことり」

 5、「初めてのお使い」

 6、「鼻の穴の話」

  ・・・・・・

 今回の子育て講演会で分かるようになったことはいくつかあります。
 1、なんで子供たちは絵本を繰り返して読んでもらいたいの?
 ①親から読んでもらうと、楽しいし安心できます。
 ②絵本の同じ結末から安心感をもらえます。
 ③子供はいつも絵を読んでいます。大人は文字ばかり読んでいます。子供は絵本を繰り返してみているうちに、いつも新しい発見があります。(というわけで、大人のほうはいつもやめたがる)

 2、なんで親が子供にいつも期待しすぎる?
 ①親が目に見えるところばかり追いかけている、子供は親の見えないところで成長している。
 ②親が子供の成長を待つことは、愛情であること。子供のあるがままを認めてあげて、その成長を待ってあげるべき。
 子供は親の鏡。親は栄養のない言葉を捨てて、子供に優しい言葉をかけること。それこそ子育てです。
 子供に厳しくするより、親自身は自分に厳しくするほうが効果的(ジャジャのママの感想)。

 松村先生からのアドバイスーー
 1、絵本を読み聞かせる途中、よぶんな質問をしないこと。
 2、読み終わったら、感想を聞かないこと。
 3、ゆっくり絵を読ませる。
 4、一日一冊読んでやる。
 5、普段どおりの言葉で読むこと。

 以上。
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-19 22:43 | 幼稚園体験記
        育児(1146)「ミスポッター」
              20070918(火) 晴

  ジャジャが生まれてから、家族三人で映画を見たのは初めてです。その映画は「ミスポッター」でした。
  映画館に入る前に、ジャジャにこういいました、
 「今日はピーターラビットのおうちがあるところが見られます。」と。
 うちにピーターラビットのビデオがあります。ジャジャとママとそのビデオを十回ぐらい見ました。見るたびに一緒に笑ったり、心配したり、そして拍手したりして、楽しみました。
 でも、ジャジャは映画の三分の一も見てないうちに寝てしまいました。それまでその可愛いうさちゃんはほとんど登場してなかったです。残念でした。
 パパママはとても楽しい一時を過ごしました。パパは何を見ていたか分かりませんが、ママは主にその景色を見たくて行ったのです。
 特に印象に残っているのは、ミスポッターの微笑みです。自然に対する深い愛情を持つからこそ、ミスポッターは純粋で、不滅の精神世界を持ち、そして永遠に光る作品を世界にプレゼントしました。
 ミスポッターが、夢のような話を世界に語りつつ、そして現実から夢まで自分の意志で生きていました。
 羨ましいかぎりです。
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-18 22:50 | 育児日記
        育児(1145)「スイッチ」
              20070917(月) 晴

 
e0110319_1547346.jpg


 幼稚園の預かり保育で先生から双眼鏡の作り方を習ってきたジャジャは、家でも「特製双眼鏡」を作りました。
 でも、家で作ったのは、もっと大きくて、華やかで、高級そうに見えます。
 なぜかというと、ジャジャは双眼鏡の上に「スイッチ」を設置しました。その「スイッチ」は、ジャジャが双眼鏡のボディーにボールペンで書いた「入切」というのです。
 ママは感動しました。親ばかとは言えますが、娘が漢字に興味を持つのを見て、ママは嬉しくてたまりません。
 この夏、もっとも大きな収穫は、ジャジャは「漢字の国」で漢字に興味を持つようになりました。ママの友達の家のドアにある対聯をまねして、ジャジャが中国で最初書いた漢字は「百花」でした。それから日本に戻った後、ジャジャは日本に戻って、ママが衣装ケースに貼ってあった中国語の「パパ」と「ママ」を見て、真似して書いてみました。
 今日、ママに何も聞かないでジャジャは自分で双眼鏡に「入切」を書きました。漢字だと分かるだけではなく、その意味まで理解できたと思います。
 「ジャジャ、本当に偉いね!」と、ママはジャジャに言いたかった。
 
 ジャジャはいつ日中漢字の区別に気がつくのでしょうか?楽しみにしています。
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-17 15:47 | 育児日記
7、日本一美味しいラーメン

e0110319_15305732.jpg

 ジャジャは鼻水が出たので、お昼はラーメンにしました。
 ジャジャのママは日本中すべての乾麺類を「ラーメン」と呼んでいます。実は、今日のラーメンの身元はそうめんでした。特別に美味しく作られたそうめんでした。
 沸かしたお湯に千切りの人参(新鮮の)を入れ、柔らかくなるまで茹でる。それから、泡を取り除き、すこしお水を入れ、お湯が沸きそうになるとき乾麺を入れる。
 二分ぐらい茹でたら、味噌を入れ、さらに弱火で煮る。最後「味噌汁の具」を入れ、日本一の美味しいラーメンのできあがり。
 あさり味の美味しい味噌を使いました。大変美味しかった。ラーメンも味噌汁も全部頂きました。もちろんジャジャも。
 この写真を見てくださいーー  
e0110319_22121493.jpg 
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-17 15:31 | 我が家の食卓

育児(1144)会 話

        育児(1144)会 話
               20070916(日) 晴
 
 その一

 「ジャジャ、アイスクリームがおおきすぎ?」
 「・・・・・・」
 「食べきれないなら、ママが食べてあげてもいいよ。」
 「いや。蓋を閉めて冷蔵庫に入れて、また食べられるからね。」
 「・・・・・・?!」

 その二

 「ママ、お月見をしたい?」
 「したいな。」
 「じゃ、お団子を買わなきゃ。」
 「どこで買うの?」
 「ジャジャが描いたから、これを買って。」
 「じゃ、三個ください。」
 「お金は?お金を持ってきてください。私はお団子屋だからね。」
 「今はお金を持ってないの。」
 「じゃ、お金を持ってきてください、待ってるからね。」
 「・・・・・・?!」
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-16 22:53 | 育児日記
        育児(1142)岩おこし
              20070915(金) 晴

 今日はとてもよい天気でした。
 ジャジャを駅でお婆さんに渡した後、スーパーに買い物に行ってきました。そこで、とても懐かしいお菓子を見つけました。
 岩おこしです。 
 e0110319_18563246.jpg
 小さい頃よく食べました。ほんとうによく食べました。
 お正月前、母がご飯を固めに炊き、大きなざるに載せ、毎日陽射を浴びさせ、時間をかけて乾かしました。それらのご飯を一粒一粒になるように、母が毎日手で混ぜていました。 
 ご飯が完全に乾いた後、お正月の直前、職人に頼んでお菓子を作っておきます。そのお菓子は、岩おこしでした。
 うちはいつも家で作ってもらっていました。村には、職人ではないけれども、岩お菓子がとても上手なおじさんがいたのです。
 まだ覚えているのは、最初乾いたご飯を炒めたとき、極細かい粒の砂を使って、ご飯と一緒にいためたのです。砂の熱さでご飯粒の全体が均一に熱くなり、焦げないわけです。
 上手に炒めれば、乾きご飯粒は真っ白になります。それが冷めたら、釜で煮込んでおいた水あめの中にすぐ混ぜ、そして用意されたいたのうえに載せ、形を整え、とても大きな鋭い包丁で四角いに切りました。岩おこしのできあがりです。
 言わなければならないのは、その水あめは母が毎年芋で作ったのです。水あめが足りない場合、砂糖を加えてもよいのです。
 小さい頃、田舎の岩おこしは、普通に生姜を入れますが、もしごまもすこし入れてもらったら、それはとても高級でぜいたくに思われます。
 小さい頃、農家の子供たちのおやつは他にあまりなかったため、岩おこしはとても人気で、大事な食べ物でした。特に、気温が高いと水あめが溶けてしまいますので、一年中、思い切り食べられるのはお正月しかなかった。
 そんなお菓子はとても硬いので、お婆さんたちはそれをお湯に入れて食べていたのを覚えています。
  お米のおこし以外、ピーナツのおこしやごまのおこしもありました。でも、ピーナツのおこしとごまのおこしは贅沢品なので、お客様を招待するとき使っていました。ジャジャのママと弟達はいつもお米のおこしを食べました。
 岩おこし、その懐かしい堅さ、その懐かしい甘み、そのお正月の雰囲気を感じさせられる香り、幼年期に戻った気持ちで頂きました。
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-15 18:53 | 育児日記
        育児(1142)「うちの自転車・・・・・・」
              20070914(木) 晴

 リトミックの日でした。
 幼稚園が終わり、自転車の後ろにジャジャを乗せ、リトミックに行く途中、ジャジャにこういわれました、
 「ママ、うちの自転車はよく転んでしまうね。」
 五月一度転んだことがありますが、それからジャジャを乗せるとき、とても気をつけてこいでいました。でも、ジャジャはママの乗り振りを見て、とても信用してくれないようです。実は、うちの自転車の使用頻度は月に二三回しかありません。
 ママの体重は50キロもないので、ジャジャの体重と自転車の重さに負けてしまいます。本当はママは歩くのが大好きで、もしジャジャの体力が心配してなければ歩いてリトミックに行きたいのです。
 これから、ジャジャが教室や塾を通うことは避けなくなります。ママは日本の運転免許証をとらないいつまでも運転できません。中国の運転免許証を持っていますが、向こうに三ヶ月にいないと直接切り替えることができないそうです。
 ジャジャには必要なら、ママは運転免許証を取るつもりです。しかし、自転車さえ上手に「運転」できないママは、車をコントロールできるでしょうか。
 自信がまったくありません。
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-14 22:40 | 育児日記
        育児(1141)「よく寝ました」
              20070913(木) 晴

 今朝、ジャジャが起きたらすぐパパにご挨拶をしました、
 「おはようございます!」
 「おはようございます!ジャジャ、よくねんねできました?」
 「よくねんねできました!」
 「よかったね。」
 久しぶりの朝からの会話でした。
 朝御飯は納豆や味噌汁、それから枝豆と昨夜作っておいた鶏のレバーがありました。バター入りの芋もまた作りました。
 朝はご飯なので、パパに頼んで、近所のパンやから可愛いアンパンマンパンとドラえもんのパンを買ってきてもらい、ジャジャのお弁当の主食にしました。
 パパのお弁当はご飯でした。から揚げや枝豆や卵焼きを入れましたが、パパはまだまだ入れてほしいと言っていました。それでも、最後焼きお豆腐一口しか入れられなかった。
 今までパパのお弁当はずっと足りなかったでしょうか?!?! 
 
 最近、ジャジャを早く寝かせ、朝早く起こすようにしています。昨日、マーガレットに図書館のお話し会、それからまた一時間図書館で過ごしたので、ジャジャはずいぶん疲れてしまい、一緒にスーパーに買い物に行ったら、
 「ママ、お腹が空いたよ、本当に空いたよ!」と。
 周り人がいっぱい立っていたのに、そんな大声でお腹の調子を宣伝するなんて・・・・・・子供は本当に正直で可愛いものですね。
 暖かい肉まんを一個買ってあげたら、ジャジャは水も入らないで一気に食べてしまいました。本当にお腹が空いたようでした。
 ずっと図書館にいたので、おやつ時間が取れなくてお腹が空いてしまったのでしょうね。
 帰ったらすぐお風呂に入れて、上がったら牛乳を200CC飲ませました。8時前、ジャジャはすっかり疲れてしまい、童謡を聞きながら気持ちよく寝てしまいました。
 これからも、毎日こんな風に寝てほしいです。晩ご飯のことも、ママはいつも心がけて早く用意しておいたほうがいいと思っています。
[PR]
by chinamama377 | 2007-09-13 09:53 | 育児日記