★育児日記★


by CHINAMAMA377

<   2007年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

          育児(1186)ジャジャがお当番
                   20071028(日) 晴

 今日の江ノ島は格別に美しかった。

 静かな陽射だと思ったら、秋風がかもめさんを追いかけ、江ノ島の空を賑やかに演じさせた。
 力がいつもあまってる若者たちは、秋の海を楽しんでいた。風がなくても波が三尺立つというのでしょうか、砂浜が高い浪に頻繁に巻かれ、そしてまた次の浪に戻された。
 春でもなく、夏でもなく、足元が秋の暖かい海水に包まれ、心まで落ち着いてきました。今日の海は優しかった。

 ジャジャは海辺を走っていた。そして大声で叫んでいた。今日の約束の一つは、海辺で思いっきり叫んでもよいというのであった。

 今日のジャジャはママの「お当番」だった。ママは何も知らない「子ども」にもどり、ジャジャは何でも知っている「大人」の役を一日担当し、ママを連れて江ノ島に行ってくれた。

 朝の会話だった、
 「ジャジャ、鍵をかけてくれてありがとうね。鍵もお願いしますね。」
 「はい。」 
 「鞄に入れたほうがいいと思うよ。」
 「持ってもていい。」
 「すぐ落としてしまいますよ。」
 「わかった。」
 「車か自転車が来たら、教えてね。ママは危ないことが知らないからね。」
 ・・・・・・
 「あ、車が来た!ママ!早くはじっこによって!もっともっとはじっこによって!」(人の玄関に入りそうだった)
 ・・・・・・ 
 「ジャジャ、今日のお昼は何を食べるかな?」
 「おやつとお菓子!アイスクリームもあるよ!」
 「江ノ島のレストランは、これしかないかもしれませんね。」
 「そう!おやつしかないよ、今日のお昼はおやつとアイスクリーム!」
 「ママもちょうど今日おやつばかり食べてみたいな。」
 「あはははははは、あはははははは・・・・・・」
 「あははははあはははっははははは・・・・・・」
 
 江ノ島までの切符もジャジャが買ってくれた。朝、ジャジャの財布に、初めて二千円以上を入れておいた。
 ママの手を繋ぎ、ジャジャは責任を持って歩いていた。写真も撮ってくれた。

 二人で砂浜でお昼を食べていた時、烏と鷲(ジャジャに鳥の名前を教えてもらった)が来て、ママの手からホットケーキを奪ってしまった。ジャジャは鳥たちに怒った、
 「だめよ!」と。

 芝生のあるところに行ったら、ママは遠足シートの上で寝んね、ジャジャはその近くで遊んでいた。
 ママを狼から守るのは、当番の義務だった。

 今日の夕日が美しかった。渡橋を歩いていた観客は、みんな足を止め、夕日が沈むのを待っていた。昨日の台風が空をきれいに洗ってくれたのだろうか、富士山は一日江ノ島と対面していた。
e0110319_23593471.jpg   
 帰りの電車の中で、ママが居眠りしたとき、ジャジャは窓に向かって、正座の姿で寝てしまった。びっくりしたママはジャジャを20分ぐらいだっこし、電車から降りたらジャジャはすぐ歩いてくれた。
 ママと手を繋いで帰った。

 夜、お風呂に入ったとき、ジャジャは勇気を出し、頭をシャワーの下に突き出し、自分で頭を洗った。初めてのことだ。
 さらに、ジャジャは夜寝る前に、折り紙や玩具箱を片付けてくれた。
 
 ジャジャ、責任は重たかったけど、とても幸せな一日だったね。お疲れ様でした。そして、おやすみなさい。
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-28 23:48 | 育児日記

9 ある日の朝御飯

9 ある日の朝御飯
 e0110319_20153985.jpg

 朝御飯にサラダを出すのは、ママの夢でした。最近、この夢は漸く実現できました。
 この日の朝御飯は、餃子作りの時残った生地を使い、お餅を焼いてみました。お餅の中に、にらやほうれん草の葉っぱなどがあり、さらにソースをすこしかけました。二枚の薄いお餅を重ね、中に具をいれ、フライパンに油をほんのすこし敷いてから、両面を焼いたのです。
 インドのナンによく似ています。言わなければならないのは、この御餅は、小麦粉以外何も使ってないことです。発酵したのは、前こねた餃子の生地を三日間冷蔵したからです。
 たまごはママの故郷料理ーー五香たまごです。ジャジャには一個しか出さないですが、パパはいつも二個を食べてしまいます。味付けたまごなので、二個は簡単に食べられます。
 肌寒い朝に、ゆで卵に暖かい御餅に暖かいコンスープ、それに体に優しいサラダ。健康にはいいメニューになるのでしょうか。
 
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-25 20:15 | 我が家の食卓
              育児(1183)リトミック
                   20071025(木) 晴

e0110319_19581011.jpg
 午前中は学級閉鎖で家で遊び、午後はリトミックに行ってきました。ジャジャは火曜日から幼稚園を休んでいるので、今回のインフルエンザはかかってないと、ママが思っています。
 午前でも、ママが友達に書いた手紙の裏側に、ジャジャが絵を描いてくれました。昼の山と夜の山を別々に描き、昼の小山に男の子が縄を登っています。その男の子は、中国にいるママの友達の息子さんだそうです。
 小山でも、木々でも、みんなボールペンで書いたので、素朴な絵でした。
 でも、午後の絵は、ごらんのように、とても暖かい雰囲気であり、賑やかと言ってもいいでしょう。
 今日のリトミックは、ハロウィンパーティーにカレンダー作りでした。ジャジャとお友達みんな手作りのドレスを着て先生と一緒に遊びました。ドレスというのは、二週間前先生からもらった大きな黒いゴミ袋に、ママたちが腕を振り、いろんなレースや飾り物をつけてできたの着物です。年に一度のパーティーに、子どもたちは前から楽しみにしていたので、今日はとても楽しく遊びました。
 授業が終わった時、子どもたちは先生からプレゼントをもらいました。小さいカボチャの籠に、ラムネが入っていました。ジャジャはずっと前からカボチャの籠がほしかったので、今日はとても嬉しかった。
 学級閉鎖でお友達に会えませんけど、リトミックがあってすこしでもその寂しさを減らしたかなと思っています。
 いろいろありがとうございます。 
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-25 19:58 | 育児日記

25  学級閉鎖

25  学級閉鎖

 昼前、よ幼稚園の連絡網が回ってきましたーー学級閉鎖の知らせでした。しかも、ジャジャのクラスだけでした。
 7人の子もインフルエンザかかったそうです。実は、子どもたちだけではなく、子どものお母さんや兄弟もインフルエンザかかっているのも事実です。それを入れて考えないと、正確な情報にはならないと思います。

 ジャジャのママは「学級閉鎖」という言葉には初耳ですし、今までママはインフルエンザの患者に会ったこともありません。
 さらに言えば、ママは日本に来るまで、インフルエンザ、喘息、中耳炎、溶連菌という病気を聞いたこともありません。視やが狭かったといはいえ、ママの生活していた田舎は、空気がよく、畑が広く、ばい菌があっても風に飛ばされそうです。そして、貧乏なおうちの生まれなので、肉類やたまご、農作物や野菜など、全部中国のお婆さんが作ってくれたものです。お正月や祝日以外、市場から何かを買って食べることはほとんどなかった。
 そういうわけで、ママとママの兄弟は、いろんな病気をかからないで済みました。いまでも、ママの知らない病気がたくさんあります。
 中国のおばあさんのおかげで、ママはどれだけ贅沢な生活をしていたか今になってやっと分かりました。貧乏と豊か、この二つの単語の意味をもう一度考え直すことしなければと思っています。

 子どもたちがかかった病気の名前を覚えるたびに、都市でも生活がいやになり、小さい頃の環境がとても懐かしく思います。
 できれば、ジャジャとパパと日本のどこかの田舎に生活したいと思ってしまいます。ママは田舎が大好きです。野菜作りも上手なので、ジャジャとパパに自分の作った野菜を食べさせたいのです。

 ジャジャはまだまだ元気です。こんなに元気でいてくれて、感謝しています。ママは今日ジャジャを連れて、デパートで肉まんとソフトクリームを買ってあげました。さらに、帰る前に葡萄と美味しいみかんも買ってしまいました。
 ジャジャへのご褒美です。元気でいてくれてありがとう。少なくとも、最初から倒れてないから助かりました。今インフルエンザになっても、他のママにいろいろ聞いてその経験を見習うことができ、すこしでも心強くなります。
 月曜日まで四日間あります。かかった子はみんな元気になり、かかってない子はもうかからないと思ってもいいでしょう。
 月曜日、子どもたちの元気な姿を見たいと思っています。
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-24 13:18 | 幼稚園体験記

24 看板作り

24 看板作り

    20071023(火) 晴

 今日は、看板作りの予定でした。もともと火曜日は仕事でしたが、今日ちょうど休みが取れたので、皆さんと一緒に二時間ぐらい楽しくすごしました。
 看板は、秋祭りの模擬店に使う予定です。古いものもありますけど、それを絵やお花などで飾り、ちょっと新しくするのです。
 クラスの子たちは風邪を引いたり、インフルエンザかかったりしているので、こられるママはすくなかった。でも、みんな頑張って今日の仕事を無事に終えました。

 ジャジャが年少のとき、ママは一度もこんな活動に参加したことがありません。みなさんは何をやってたかもわからないまま一年を過ごしました。代表と役員の区別も知らなかった。
 今考えたら、、中国では、学校でも幼稚園でも、こういう祭りに模擬店を出すことはまったくないので、ママはそれを大事に思ってなかったわけです。そもそも、まったく日本のようちえんのことが分からなかったのです。
 でも、今年、厚かましく役員にさせてもらったので、いろいろ分かりました。
 個人の時間は多少でも使われてしまいましたが、周りのお母さんとの交流もできたし、さらに皆さんの長所や才能もすこしずつ分かってきました。自分にはできないところ、他のお母さんには及びないところ、いろいろ分かってきました。
 何より、看板から模擬店まで用意する過程で、子どもたちのお気持ちを考えたうえいろいろ決めておくことが、とても面白くて楽しいと思います。子どもの嬉しい顔を想像したら、お母さん達も疲れを忘れるでしょうと思っています。
 幾年前、日本に住んでいる中国人のお母さんからこんな言葉を聞いたことがありますーー
 「一度も幼稚園に行ったことがありません。」と。
 ジャジャのママも過去一年間そうでした。初めて幼稚園の行事に参加したのは、ある年配の日本人からこういわれたからですーー
 「幼稚園や学校の行事に参加しなければいけません。」と。
 それまで、日本に8年住んでいましたが、そんな意識はまったくなかった。
 ジャジャのママだけではなく、ほとんどの中国人ママは日本の幼稚園や学校に振り回されることを苦に思っているでしょうね。
 園側の手紙を読むだけではなく、中国人ママたちは日本の幼稚園や学校のシステムと行事の必要性を詳しく勉強し、そして積極的に参加する姿勢を示す必要があると思います。そうすれば、日本の幼稚園や学校のことすこしずつ理解し、これからの子育てにも役に立つと思います。
 今日の感想でした。
 
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-23 22:04 | 幼稚園体験記
 11、「子どもの中国語」という話題

 今日、親子教室に行ったとき、子どもの中国語という話題が出ました。もうすでに古い話題です。 
 中国人のママたちは、子どもと中国語を話したがっているようです。でも、ジャジャのママは、最初からジャジャと中国語でしゃべっていなかった。正式に中国語を習ってほしいと思ったのは、今年の夏休み前からです。
 ジャジャの知恵を信じてないわけではありません。
 ジャジャには、友達と無難に交流してほしいし、日本語を自由に使ってほしいのです。しかし、パパママはいつも中国語で話しているので、ジャジャにずっと日本語でしゃべっていても、幼稚園に入ったばかりのとき、ジャジャの日本語が足りなかったのは事実です。
 中国人のママたちは、「幼稚園に入れば、自然に覚える」と思っているようですが、日本人の先生に迷惑をどれだけかけるか、子どもにどれだけさびしい思いをさせてしまうか考えてないようです。

 もしどうしても子どもに生まれた時点から中国語を覚えてほしいなら、いくつかの条件があるならいいと思います。全部そろってなくても中の一、二箇条あればと思っています。
 1、日本人のお婆さんと一緒に住むなら、大丈夫です。お婆さんは子どもに童謡や日本語を自然に教えてしまいますので、心配はありません。
 2、普段ママのほうは積極的に日本人のママたちと交流し、そして子どもの日本人友達がいつもいるなら大丈夫だと思います。
 3、ママの日本語が十分ですし、日本の歌や絵本も子どもに教えられるなら、大丈夫だと思います。
 4、子どもを一歳頃から日本の保育園に預け、日本人の先生とお友達と十分交流できるなら大丈夫だと思います。

 ママは未熟な日本語を使い、また家に閉じこもりがち、さらに子どもに中国語ばかり使っているなら、問題がいつか出てくると思います。

 親は仕事、子どもは子どもの世界。そんな子どもの気持ちを無視する中国人の子育て方は、日本では通じないと思います。
 中国人のママたちは、子どもの心の動きを読み取り、よその世界をちゃんと見てから自分なりの子育てを決めたほうがいいと思っています。
 これは、ジャジャのママがたくさんの挫折を経験した後得た感想です。

 他人の子どもは中国語がぺらぺら、わが子もそうできるはずという考え方は捨てましょう。
 
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-22 13:32 | ボランティアノート
          育児(1179)絵本のお言葉
              20071021(日) 晴

 ジャジャにいつも絵本を読み聞かせています。ママには分かってない、それともまだ自分のものにはできないすてきなお言葉がたくさんあります。予習はできませんが、復習はいつもしたいのです。
 ジャジャには、ママの苦労する部分がいつまでも分からないかもしれませんね。子育ての中、言葉の不自由は、時には心の不自由ともつながっています。
 将来、ジャジャには、そんな苦労をさせたくありません。
 
 図書館から借りてきた「約束」でしたーー

 魚つりをする 
 ふたりが座ると、糸をたれました

 新しい仕事につく
 話もしないで眠り込んでいます

 それからまもなく
 
 そんなのいちいち着ている暇がないのだそうです
 きづいていないようでした

 テーブルや椅子は、ほこりをかぶり
 これは だいぶ変だなと 
 家のものがだいぶなくなったみたいだね

 ○○は あきれて 口を ぽっかりあけました

 疲れているんじゃない?
 帰ってくると、またすぐ出かけていくのです

 数日後(すうじつご)
 草原(くさはら)の中に、○○は 取り残されました

 ○○は、胸がぎゅうっとなりました
 ○○は、われたように 泣き出しました

 ○○は、あたりを 見回して びっくりしました
 「どうしたことだ、なんにもないじゃないか。」

 すると、荒地(あれち)に 池が ぽかっと現れました

 静かなときが流れました
 草が茂り(しげり)、涼しい風が吹きました ざわざわ、林が現われ、遠くで 鳥が鳴きました

 ・・・・・・窓からは、柔らかな明かりが溢れています
 夜は、静かにしずかに ふけてゆきました
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-21 19:49 | 育児日記

8、故郷のお餅料理

8、它的汉语名字是--“糯米面粑粑”(蚕豆はお皿の絵柄です)

e0110319_19215039.jpg 












作り方:1、絵のように薩摩芋をどろの状態になるまで煮る;
     2、砂糖をすこし入れ、溶かしてから熱いうちに糯米粉を入れて混ぜる;
     3、2を温かいうちに団子にする;
     4、お団子の形にし、油をすこし敷き、油が熱くなると、お団子をお持ちの形にしてから焼く。
     5、お砂糖にお湯をほんのすこし入れ、砂糖水をつけて食べる。
     6、ジャジャの言葉を借りて、「とても美味しいね。」
e0110319_1921018.jpg


e0110319_19235411.jpg









e0110319_19332064.jpg
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-19 19:21 | 我が家の食卓

育児(1176)会 話

          育児(1176)会 話
              20071018(木) 晴
1、

ジャジャが遊び、ママは映画を見ていました。ちょうど不倫相手の二人がキスする場面になったとき、ジャジャがテレビのほうに来ました。

ジャジャ:「あはは、チューしちゃったね。」
マ マ:「だめだよね、あの二人はちゅーしてはいけませんね。」
ジャジャ:「だって、結婚したいんだもん!」

2、

マ マ:「ジャジャ、大きくなったら、パパみたいな人と結婚したいの?」
ジャジャ:「うん。」
マ マ:「ママはあまり嬉しくないな。」
ジャジャ:「心配しないで、三人で結婚しようよ。」
マ マ:「・・・・・・」

3、

マ マ:「ジャジャ、昨日芋ほり楽しかった?」
ジャジャ:「たのしかった。」
マ マ:「誰がジャジャに大きな芋をくれたの?」
ジャジャ:「土!」

さすが我が娘!!!
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-18 23:08 | 育児日記

23 遠足ーー芋ほり

      23  遠足ーー芋ほり

 他の幼稚園園児の話によると、芋ほりと遠足は別々の話だそうですが、うちでは、芋ほりは遠足代わりでした。11月また祭りがあるのでそれまで遠足に行く予定は入っていません。
 朝、いつもの時間に登園し、子どもたちはスモックに着替え、運動靴のお外に父親の靴下を穿いていました。泥が運動靴の中に入らないようにということです。子どもたちは父親の靴下を穿いたのは初めてのことなので、みんな大笑いしたりして、楽しそうでした。
 可愛い子ども達の背中は彩りのリュックでした。
 
[PR]
by chinamama377 | 2007-10-17 17:35 | 幼稚園体験記