★育児日記★


by CHINAMAMA377

<   2008年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

e0110319_13124781.jpg 

 「ママ、ジャジャは元気がなくなったよ。」
 「早く帰っておやつを食べましょうね。雪だるまも疲れたみたい。」
[PR]
by chinamama377 | 2008-01-24 13:12 | 美好時刻美麗時光
e0110319_13112378.jpg 

 最近、ジャジャがよく使う言葉の一つはーー「一生懸命」。

 まさにその通りです。
[PR]
by chinamama377 | 2008-01-24 13:11 | 美好時刻美麗時光
e0110319_139423.jpg 

 「ママ、なんでお花が咲いたの?冬なのに。」

 「このお花は、一月の生まれなの。ママと同じ。ママの名前も同じ。」
[PR]
by chinamama377 | 2008-01-24 13:10 | 美好時刻美麗時光

雪の日(2)ーー園生活

e0110319_1382884.jpg 

 先生のお蔭で
 グランドで
思い切り雪遊び
[PR]
by chinamama377 | 2008-01-24 13:07 | 美好時刻美麗時光

雪の日(1)ーー朝

e0110319_1353198.jpg
 
 「ママ、神奈川県は北海道になったね!」
 「そうですね。もう北海道に行かなくてもいいね。」
 「うん!雪が積もってよかったね!」
[PR]
by chinamama377 | 2008-01-24 13:05 | 美好時刻美麗時光

10 糖水荷包蛋

11 糖水荷包蛋

e0110319_0551049.jpg
 

 つわりで思い出した故郷の「おやつ」です。お湯で「焼いた」目玉焼きです。
 砂糖の香りが漂い、卵の臭みが全然ありません。出産後の母親に気軽に出せる一品です。

 ポイントーー卵を割って茶碗に入れておき。
         お湯が完全に沸く前に入れること。
         中火か弱火でゆっくり茹でる。
         黒砂糖はお椀に入れてから、荷包蛋とお湯を入れる。 

 パパも「懐かしい」と言いながら、美味しく食べてくれました。

 
[PR]
by chinamama377 | 2008-01-17 00:55 | 我が家の食卓
            育児(1266)「なんで猫が鼠を追いかけるの?」
                    20070116(水) 晴 

 今日の読み聞かせは「寒がりやのペンギンパベル」でした。南極から出発でしたら、「北」へ行くはずなのに、絵本の中では、「南の島へ行く」となっています。幼い子たちの頭を悩ませないようにミスのままにしたのかなと、読むたびに思っています。

 それから布団に入っていろいろ話をしました。朝パパが送った時のこと、幼稚園での出来事(今日は誕生会だった)、午後親子で行った喫茶店の名前、買ってもらえなかった玩具・・・・・・いろんな話でした。

 ところが、寝る前に、ジャジャは突然ママにこう聞きました、
 「ママ、なんで猫がねずみを追いかけるの?」と。
 「・・・・・・猫はねずみが好きじゃないかな。」と、ママはちょっと考えて正直に答えました。
 「なんで好きじゃないの?」
 「それは分かりませんけど、猫が大きくて強いでしょう、ねずみは小さくて弱いほうでしょう。」
 「そうね。」
 「例えば、狼は大きくて強いでしょう、羊は小さくて弱いでしょう。」
 「そうね。」
 「サメも大きくて強いでしょう。サメは小さい魚を食べるよね。」
 「人も食べるよ。」
 「そうですね。サメは大きくて強いから、弱い魚や人間を食べるのね。」
 「怖いね。」
 「強くて悪いものは、弱いものをいじめたり、殺したりするかもしれませんよ。」
 「なんで?」
 「・・・・・・難しいね。強くていい人もいれば、強くて悪い人もいるのよ。」
 「誰が強くていい人?」
 「ジャジャの先生でしょう。先生は強くていい人ですよ。だから先生のことを尊敬してね。」
 「尊敬って何?」
 「尊敬って言うのは、丁寧にご挨拶するし、先生の話をちゃんと聞いて、先生の言う通りにすることよ。」
 「ジャジャは、先生のことをいつも尊敬しているよ。」
 「偉いね。」
 ・・・・・・
[PR]
by chinamama377 | 2008-01-16 23:26 | 育児日記
            育児(1265)「怒りにくいようにしてもらって」
                    20070115(火) 曇 

 最近、ジャジャの日本語力にびっくりしてばかりです。

 「ジャジャ、上履きの鞄はないよ、幼稚園に忘れたの?」
 「うん・・・・・・鞄はね、先生が預かってるよ。」

 「ジャジャ、今日、先生は何かを持ってきてって言った?」
 「何も言ってないよ。○○君一人に、300円もってきてねと言った。それだけ。」

 「ママ、またパパに怒ったね。」
 「パパはね・・・・・・ママは本当に困ってますよ。」
 「でも、優しく怒ってね。酷い顔をしたら、パパも可哀相じゃない?」

 「ママ、また怒ったね。」
 「ごめんね。」
 「ジャジャはほんとうに困っています。もう、ママが病院に行って、怒りにくいようにしてもらって!」 

 「ジャジャ、静かにして、早く寝なさい!」
 「ママ!」
 「なに?」
 「ジャジャの話聞いて。」
 「うん。」
 「ジャジャのアクセリのママはね、いつもジャジャの話を聞かないの。ジャジャが話しをしたいとき、アクセリのママはいつもうろうろしてる。静かに静かにって言ってばかり。」
 「あ?ごめんね、ジャジャ、ママはちゃんと話を聞いてあげるから、話してね。」

 「ママ!」
 「なに?」
 「さっき、ジャジャはママ、ママ、ママって三回も繰り返して呼んだよ。なんで返事しなかったの?今度そんなことをしたら、ジャジャはほ~んとうに嬉しくありません!」
[PR]
by chinamama377 | 2008-01-15 23:56 | 育児日記

育児(1259)一日

            育児(1259)一日
                    20070109(水) 晴 

 午後一時過ぎた後、元気を出してジャジャと一緒に出かけました。行き先は江ノ島です。
 冬休みつわりが酷くて一度もジャジャと出かけなかった。食欲がないわけではありませんが、油のにおいが苦手で料理を作れないし、外食していてもいつも胸焼けしてしまいます。朝は気分が一番悪く、お白湯以外何も食べる気がありません。
 こういう状況で、ジャジャと出かけるどころか、パパまで引っ張って家でいろいろしてもらいたいぐらいです。
 なので、この冬休み、ジャジャはずいぶん寂しい思いをしました。
 明日は新学期が始まり、どうしても一度ジャジャと出かけたいと思い、午後の電車に乗りました。
 
 電車の中で、ママは元気がなく、ぼんやりして座っていたら、ジャジャから声をかけてもらいました、
 「ママ、夏休み楽しかったね。」
 「そうね。中国のおばあさんのおうち大好きでしょう。」
 「まだ行きたいな。」
 「いいよ、今度みんなで行きましょうね。」
 「ジャジャはね、中国が大好きですよ。」
 「ありがとう!中国の学校で勉強したい?」
 「ええ?」
 「みんな中国語で話しているから、ジャジャはちょっと寂しいけど、二ヶ月経ったらジャジャも話せるようになるよ。」
 「本当?」
 「ジャジャを一人で行かせるじゃなくて、ママも一緒に行くよ。でも、今は無理ですね。」
 「ジャジャは、まだまだ中国のお婆さんのおうちに行きたいな・・・・・・」
 「・・・・・・」

 それからジャジャは座ったり立ったりして、窓の外を覗いたりしました。
 江ノ島に着く前に、ジャジャはまたママに声をかけました、
 「ママ、人はなんでお耳があるの?」
 「・・・・・・人はね、素敵な音楽を聴くためにお耳が生えてるよ。ジャジャも一番聞きたいのは素敵な歌と素敵な音楽でしょう。」
 「うん。」
 「それから、楽しいご挨拶と、楽しいお話かな。」
 「そうね。」
 「まだまだありますけど、この三つはとても大事だと思いますよ。怒る声、悪いお話、悲しい声など、聞いてあまり楽しくないね。お耳も楽しくないね。」
 「そうね。」
 「ジャジャもいつか素敵な音楽を聞かせてね。」
 「はい!」

 でも、可愛いジャジャ!ママは最近気分が悪くて、よくジャジャに怒鳴っていますね。ジャジャのお耳も心も可哀相ですね。ごめんなさいね。

 江ノ島で二時間ぐらい遊びました。まずは渡り橋を渡って食事をしました。ママは煮魚とご飯で、ジャジャは蟹いくら丼でした。ご親切に、お店のお兄さんはミニ丼を出してくれたのです。しかも、ジャジャが残したご飯をおにぎりにして持たせてくれました。
 ジャジャが一歳のとき、パパママは同じ店で食べたことがあります。その時も大変美味しかった。

 それからジャジャはソフトクリームを食べたいと言いました。寒かったので、ジャジャはガタガタしていました、
 「ママ!早く!早く!ママのひざに座りたいよ!」
 「なんで?」
 「寒いから。」
 ジャジャをひざに乗せました。帽子をかぶらせました。さらに、ハンカチをマフラーにしてジャジャノ首をまわしました。
 それでもジャジャはガタガタしながらソフトクリームを食べました。
 「食べなくていいよ。」
 「食べる。」
 最後まで食べました。紫芋のクリームでしたが、ジャジャの唇も紫色になりました。
 「ママ、べろが寒いよ。」

 帰り道、ジャジャは疲れたかもしれません、いたずらばかりしていました。でもママは本当につかれきったので、電車の中で居眠りしました。 
 家に着く前に、ジャジャは興奮して一人で走り始めました。ママはジャジャを止め、
 「ジャジャ、聞いて!」
 「はい。」
 「赤ちゃんが生まれたら、ママはジャジャとお手手繋いで歩くことができなくなるよ。」
 「なんで?」
 「ママは赤ちゃんを抱っこするから。」
 「・・・・・・」
 「だから、今のうちに毎日ママとお手手繋いで歩いてね。分かる?」
 「分かります!」
 ジャジャは嬉しい顔をしてママと手を繋いで帰りました。
 
 朝7時起きたので、ジャジャはすっかり疲れ、お風呂に入ったらすぐ寝てしまいました。朝御飯を何にしようかなと、今思うところです。
[PR]
by chinamama377 | 2008-01-09 22:20 | 育児日記
e0110319_14435729.jpg 

 ジャジャの絵ーー2008年1月9日
午後16:30頃の江ノ島。
 厚くて黒い雲の中から、オレンジ色の夕日が生まれた。
 ママの目線では夕日が木の真上だったが
ジャジャの目線ではこうなっていた。 
 青いのは海で、灰色は砂浜です。

 
[PR]
by chinamama377 | 2008-01-09 22:10 | 美好時刻美麗時光