★育児日記★


by CHINAMAMA377

<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大雨

       大  雨

 昨日も今日も大雨でした。
 明日も雨だそうです。

 こういう週末はとても苦手です。ジャジャとトトは朝から晩まで家の中にいることで、ママも子供たちも疲れてしまいます。
 今日、パパが午前中トトをつれて駅に買い物に行ってくれました。大雨の中を帰ってきたら、パパはトトとシャワーを浴びました。
 努力してくれるパパに感謝しています。

 お昼の後、ジャジャとトトが映画ドラえもんを見ました。そんなときママは一息つきます。実家に電話をしたら、母が不在で、ジャジャのいとこが出ました。
 向こうは干ばつで今潅漑でみんな忙しいそうです。
 神様はなんで雨を向こうに運んでくれないのでしょうか?揚子江の中、下流域は干ばつで大災難になっています。湖は砂漠になりそうです。井戸の水まで無くなっています。
 心の痛いニュースです。

 向こうも関東地方と同じで、梅雨に入るべきですが、今年は特別に雨が少ないのです。
 農家の収入が生活の保障になれないので、みんな出稼ぎに行ってしまい、農村地方では、小さいダムや川などへの修理を何年間も行っていなかったため、短い期間の干ばつでも大きな問題になります。今回は国難と言えるほどの干ばつです。

 こんなとき、帰国したら母に何を手伝うことができるでしょうか?
 子供たちに、みんなおろかだからこういう状況になったよと、説明するのでしょうか?
 母は、ジャジャとトトのために、今どんな風に野菜を育てるのでしょうか?

 日本は、水に恵まれる国です。日本の畑仕事はあまりにも楽です。それでも若い人は畑仕事に興味がなくなっています。
 でも、畑仕事は、人類を今まで支えてきた欠けない仕事です。命を作ってると言ってもよいくらいの仕事です。
 ドイツ人の友達は、ドイツの農家にこう評価したことがありますーー「彼らは自分のジャガイモの大きさにしか興味がない」という。
 農家なので、ジャガイモの大きさに関心しかないのは、自分の仕事に責任とプライドを持つということです。どこが悪いのでしょうか?

 中国では、農家には、国の医療保険が効くのが最近の出来事です。今までは都市しか医療保険がなかったのです。

 ベランダーでトマトを植えたら、子供たちと一緒に、そのトマトの葉っぱ、花、緑の実や赤くなる過程まで興味を持ち、毎日のように観察しています。 
 小さい頃いつも母と一緒に畑仕事をしていて、その思い出はベランダのトマトを見るたびに蘇えります。

 畑を持ってないので、ボランティアとして公園の花壇を管理するのは、ジャジャとトトに同じような思い出を作ってあげたいのです。土に触れるチャンスを与えたいのです。土地の不思議さ、大切さを教えたいのです。
 トマトを植えたら、トマトの実りに興味を持ち、ジャガイモを作るなら、ジャガイモの大きさに関心を持ち、違う仕事をするなら、その仕事に夢中になり、全力でやり遂げていくのは、人間の欠けない素質です。どちらでも、立派な仕事です。

 よく考えてるのはーー
 人類ほど恩知らずの動物はいないと言うのです。
 ジャジャとトトには、農作物を作ってくれる人への感謝を、毎日一度ぐらいは思ってほしい。


 梅雨の季節に入るべきだったふるさとは、雨を待っています。日本の空を晴れにして、フルサトの空を曇らせてください。
 神様、お願いします。
 
[PR]
by chinamama377 | 2011-05-29 17:41 | 育児日記

トト

           トト

 トトは2才9ヶ月になりました。身長は1メートルで、体重は17キロ(?)です。服は100センチはぴったりですが秋までは持たないと思っています。靴は17センチです。

 トトは2歳になったばかりのときアンパンマンに夢中になりましたが、今は仮面ライダーがすきです。外に出たら、初対面のお友達にでも、仮面ライダーになりきって戦いごっこをしてもらいたがっています。
 少し困っています。

  家の中では、戦いごっこをしたくて、いつも棒やラケットなど持っていて誰かの手に入れようとしています。誰かに相手にしてもらいたいのです。

 今までトトは食事に莫大な興味を持ち、いつもおとなしく食べてくれていましたが、今はちょっと違います。いすから降りたり、おもちゃをテーブルに持ってきたりしています。そういうわけでトトのおしりはさいきん毎日一回かに回たたかれています。
 冷蔵庫を自分で開けるようになり、勝手に食べ物をだしたりしています。ルールを覚えてもらうまで時間がかかりそうです。
 雨はいつも一回一個以上食べます。

  お絵描きが大好きでもないけど、丸を描いて、その丸のなかにお目目やお口をかいたりして、人の顔って言う意味を人に示しています。
  ママの描いた小さいお花の周りに大きい丸を描くのがまだまだすきです。「お花をだっこする」という意味で描いているのです。この方法でまるが上手になりました。
  昨日、「2を書きたい」と言い、長い2を書いてママに見せました。ママはほめましたが、トトは納得できなくて、またママに書いてもらい、ママの書いた2を上手になぞってくれました。
  
  折り紙を半分折って、三角や四角の形にするのがやっと出来るようになりました。最近、折り紙や白紙から円を切り取り、その円の上にママに数字を書いてもらい、お金として遊んでいます。

  お金と言えば最近お金を使うのがすきです。自動販売機にお金を入れたり、バスに乗るときチケット代を全部持っていたりしています。昨日バスに乗ったら、「お金全部入れていい?」と、運転手さんに聞きました。今までママは10円玉しか持たせてなかったからです。
  バスを一人で乗ったり降りたりできるようになりました。

  数字の一から十まではまだ数えられません。5と6はいつも抜いています。でも、数字への認識はできています。

  お花が好きなので、取ってはいけないお花まで取ってしまうことがあります。ママがいつも半分枯れたお花を取って捨てているのでそのまねじゃないかと思っています。
 
  今年の春たくさんのお花の名前を覚えたようです。タンポポの綿毛ボールが大好きでいつも探しています。
ノースポール、マーガレット、パンジー、バラなどの花の名前を覚えました。

  動物の名前も沢山覚えました。自分のことを「キリン」というのがすきです。何でキリンがすきでしょう。
  ワンちゃんもねこちゃんも大好きです。

  働く車がまだまだ大好きです。名前はママより覚えているでしょう。
  
  お友達に自分のおもちゃを貸してあげることがやっとできるようになりました。「どうぞ」と言えば格好良くなるよというママの話を大事に思っているようです。

  「ありがとう」はすぐいえますが、「ごめんなさい」はすこし時間かかりそうです。すぐすなおに言えないのです。

  いつもお姉ちゃんのそばで寝てますけど、もしママが添い寝をしてあげたら、いつも布団の一角を上げてママの体に布団をかけようとしています。このときのトトが大好きです。

  4月からスクーターが上手になりました。
  5月中旬から自転車を乗り始め、今坂以外のところ一人でも上手に乗れるようになりました。車のある道はまだむりです。三日前から自転車のブレーキを覚えました。
  スクーターでも自転車でも、野球場の周りの道を回って走った時、いつも椅子に座っているおじいさんおばあさんに大きな声で挨拶をしています。そんなときのトトが大好きです。

  体操の先生も友達も大好きです。体操の授業のときいつも悪戯をしたり、外を見たりしていますが、体操に行くことが好きなので、ママはそれでいいと思っています。体操教室のおかげでスクーターも自転車も早く上達できたじゃないかと思っています。

  トトが生まれてママが忙しくなり、疲れがたまって、怒鳴ったりしています。トトもママの真似して大声で話すようになりました。
  そんなトトを見て、ママは反省しています。
  体と心の疲れを取るために、今年は一度フルサトに帰ります。
  
  トトが将来どんな職業に就くか、どんな人間になるかは心配していません。それより、どんな環境におかれても、何事に対しても、落ち着いた態度で対応出来るというのは、ママの願いです。
  
  
  
[PR]
by chinamama377 | 2011-05-28 14:47 | 育児日記